C_42

e0032988_2322193.jpgシャンゼリゼ42番地
建築家マニュエル・ゴートランによって
新たにオープンしたシトロエンのショールーム。
ダブル・シェブロンで包まれたガラス張りの建物で販売している
L'Histoire de CitroenのDVD。

歴代のコマーシャルもふんだんに取り込まれ
子どものおもちゃのような純粋なユーモアーが
たくさん描かれていました。

こういった時間軸で形の変遷を見ていても
時代とのバランスを模索してたということもなく
このカタチのまま現れたような
美術館においてある普遍的な彫刻と同じよう。

フラッグ・シップなショールームのはずなのに
過去の商品とそれに負けない現在のラインナップを並べて。
カタチあるモノを世の中に送り出す責任というなの証明書みたいで。

はじめてクルマを手に入れる前、単なる移動手段のためだったら
自転車に乗ろうと思っていたこと最近思い出してました。
それぞれの運転の楽しさをお互いにもう一度確認するために、
体脂肪率の挑戦のためにも自転車に乗る時間を増やしてみます。

そしてこのDVD見ていると現在のたくさんの新たなる危機に直面しても
おおらかなユーモアーなアイデアで乗り越えてくれそうな印象を持ちました。
大きな喜びが充満しているような
運転していて気持ちがいいそんな楽しさと同じように。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-07-07 23:26 | PARIS

TOMBES POUR DAHO

e0032988_071163.jpgETIENNE DAHOのトリビュート・アルバム。
プレイヤーにのせると
15組のアーティストが一枚をとおして
一貫したロマンティックを奏でていました。

そこから湧き上がるオトコの色っぽさとか
せつなさもみな濃厚に、だけどとってもスマートに。
そしてこんなオトコのヒトを愛するオンナのヒトがいるフランス。

こういったETIENNE DAHOというスタンスの人が
存在していられるあの国が
うらやましくてたまりませんでした。

小さな頃から
憧れる大人がいなかったボクは 
漠然と歳をとってしまったけれど
こういった目標の大人がいればみんな
競い合うようにして艶っぽくいられます。
このアルバムに参加したアーティストのように。

このアルバムを手に入れて
なんとか15組の彼らの足もとにたどりつけました。
長く険しいsexy boyへの道。

かっこいいオトコのたたずまい
たくさんのお手本を参考に。
DAHOはまだまだずっと遠くに霞んでるけれど。
フランスでは普通のことなのかもしれないけれど。

ホンモノのオトコを目指す為に繰り返し聞いてる。
こんなオトコのヒトを愛する女のヒトに愛される為にも。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-06-19 00:17 | PARIS

EN 2083

e0032988_0115165.jpgラコステが予想する、2083年のテニス
75年後の世界をここで、少し前から映像紹介してました。

ローラン・ギャロス、今年ももうおしまいですが。
今日もクレイ・コートでテニスをしてました。

今月に入ってから参加できる練習にはすべて出席しています。
そのおかげで夜中にふくらはぎがつったまま
寝てしまい翌朝立てなくなっていたり。
今も左肩がだるくてたまらなくて
明日は筋肉痛で肩が上がらなくなるような気配。

こんな部活の合宿のような生活が今、楽しくたまりません。
ハーフ・パンツとテニス・シューズの相性
素肌にポロシャツ、喉の渇きと炭酸水。
このよさがやっと解ったばかりなので
まだかっこいいスーツはいりません。

でもこのフェイス・マスクからみえる
ボールの軌跡シュミレーションはあったらいいな。

今日もボールを追ってひたすら全力疾走。
明日のことなんて考えないで。
75年たっても思いっきり走ることには変わりがないと教えてもらったから。

こんなに気持ちがいい疾走感は譲れない
スマートでなくったって
ボールに追いつくために思いっきり。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-06-09 00:14 | PARIS

ON AIR 300

e0032988_053833.jpgいままでの記憶はすべて
頭のなかに残っているといわれてます。

真夜中のたわいもないおしゃべりや
夢を見た後のせつない感覚。
そんなほんのちょっとの大切な事柄や
友人や家族そして恋人たちの
笑顔のようなおぼろげな記憶でさえも
間接的に毎日の生活をゆたかにしてくれてるのに。

思い出すこともできないまま
懐かしい気分で再び出会うような偶然を、
経験や記憶の糸をたぐりよせるように
ここでもう一度味わうことができるとは思いませんでした。

その時の忘れてしまいたくない瞬間を
自分へ向かって書き綴っていこうと
はじめたON AIRのはずだったけど。

普段かわす言葉からは
こぼれてしまったコメントがたくさんあつまり
ひたすら前向きな気持ちを思い出してました。

ON AIRを見つけてくれてありがとう。
いつの間にか300回続けることができました。

そしてメッセージを残してくれるあなたに
いつも勝手に親近感を抱いてました。

たとえこれまでの記憶を
呼び起こすことができなくなったとしても
いままでの気持ちはすべて
心のなかに残っている気がします。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-06-04 00:13 | PARIS

SEIKO UC-2000

e0032988_1213568.jpg1983年世界で初めて発表された
コンピューター・ウォッチ。

現在の携帯電話やPDAで出来ること、
通信機能がない程度で特に遜色もありません。
スマートフォンみたいなキーボードも付属していました。

腕時計をはめる人が少なくなってしまった
予想外の展開に発売から20年以上経ても
オレンジのボタンは輝いてます。

ネットワークな機能はないけれど
なぜだか時代遅れには見えなくて
ノスタルジックな現在の時計の形より
未来を教えてくれる気がします。

半袖の腕に革のブレスレットを巻くように
何も写らないディスプレイの腕時計をして。
過去の遺産を身につけてるスタイルも
かわいそうだから電池を入れて動かしてみます。

やせ我慢でもいいから
少しは明るい未来へ進んでいるようなガジェットを身につけて。
あの頃と同じようにいつだって未来への強い憧れは
色褪せることがないと信じてるから。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-05-24 01:34 | PARIS

TOR ROAD DELICATESSEN

e0032988_0514673.jpg毎年くる夏なのに
なぜだか今年は待ちわびていたような
はじめての積極的な5月。

短い休みに向かった兵庫県。
旅行に出かけた帰り道は
両手いっぱいの袋をかかえてということもなく
散歩の帰りのようにポケットの中のカメラだけ。

神戸の街では
ハーフパンツを穿いたこざっぱりとした男のコが
高いヒールの靴を履いた綺麗な女のコと歩いている。

居留地の薄いベージュの建物と
新緑の街路樹が自然と美しく佇み。
街角で気持ちいのいい風に吹かれていたら
このほかに必要なモノなど何もない気がしてきました。

トア・ロードを少し上って
クラッシックが流れる落ち着いた
TOR ROAD DELICATESSENの店内で。
材料そのものの味を楽しむための
出来立てのシンプルなサンドウィッチ。

むずかしいコトを考えるのはやめて
あたりまえだったはずの昔から変わらないひたすら心地のよい時間。
すっかりこの街の雰囲気にのまれてました。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-05-08 01:01 | PARIS

APILCO

e0032988_11551788.jpgカフェで頼んだカフェ・クレムが
カフェオレボウルでサーヴされると
いつも何故だか懐かしい気持ちになる。

茶道のように所作を気にしたこともなく
形から入り、形を抜けるということもなく
ものごころついた頃から身についていました。

右手には食べかけのクッキーや
バゲットを持っていてもかまいません。
左手だけでお行儀わるくいただきます。

どんな習い事でも、もっとも大切なのは基礎で
その基本をしっかり身につけてはじめて
奥深い世界が開けてくるものです。

カップのへりに人差し指をひっかけて親指は手前に、
そして残りの指は奥の側面の曲面に沿わせるようにしてバランスをとります。
そうすることによって片手でもある程度の大きさのボウルになっても
バランスを取ることが可能です。

小さな頃ごはんの茶碗の持ちかたがおかしいと
いつも直されていた持ちかたでした。
大きくなって片手で同じように飲んでいるたくさんのフランス人を
見つけたとき何故だか懐かしい気持ちになりました。

茶道の所作のように一見研ぎ澄まされたような動き。
動作すべてに意味があるといわれますが。
そのなかに適当感が醸し出されるカフェ・クレムのいただきかた。
会話の中の穏やかな空気をつくる
心を表現するための一手段であると
申し上げたいと思います。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-04-20 11:56 | PARIS

agnis b.☆AIR

e0032988_233536.jpgAIRがデビューした当時
agnis b.の店頭で配られたAIRのソノシート。
忘れた頃にお店の方からいただきました。

今年も始まったミラノの国際家具見本市で当時
彼らのsexy boyはメイン・テーマのごとく
どこのブースでもかかってました。
ワールド・スタンダードな楽曲として
世界を覆ってしまったように。

あれから10周年
MOON SAFARIの特別パッケージがリリース。
オリジナルアルバム+
VHSで発表されたマイク・ミルズの映像集+
ライブ音源とデモ音源そしてりミックスがセットに。

TIME MACHINEで初期のインストゥル・メンタルを演奏する
熟成し悟りきった彼らの映像をみることができます。
sexy boyのヴォコーダーを聴いてから
ずっと待ってたはずの日本から返答はありませんでした。

だけどやっと人間味溢れすぎる高性能なアンドロイドがこの国を覆ってくれました。
そしてこの曲はフランスのフィルター・ハウスへの日本からの解答。
Perfume - secret secret
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-04-17 02:40 | PARIS

LE PARADIS

e0032988_9462489.jpg春がくると思い出す場所のひとつ奈良県の吉野。
桜が満開の桃色の山の中へ。

小学生の修学旅行で泊まった古びた木造の旅館。
二階の部屋の窓越しからの景色。

こげ茶色の木の格子にもたれ掛かりながら
子どもながら余韻にひたっていました。

むせかえる霞のなか
山ぜんたいに紗がかかったような世界。
この世のものとは思えない桃色の小さな天国。

この旅行から帰ってきてからずっと
吉野の桜が好きだと
子どもながらに語ってました。

あまり昔の記憶がないボクですが
むんむんとした空気の密度があがっていく感覚。
肌に感じていた質感はいまでも覚えてます。

そして月日は流れて
街なかの桜並木でもさりげなく愛でることができるようになりました。
ひとりお茶をたててそんな気もしたけれど。

まだまだ頭の中ピンク色にして
ラヴ・コメディーみたいな世界におぼれているのも
小さな天国。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-04-13 09:51 | PARIS

un film de jacques demy

e0032988_22503675.jpgパリでのどが渇き
キオスクでミネラルウォーターを手にしたとき偶然みつけたDVD。
雑誌のとなりに無造作にディスプレイされ、
特典映像が気になって手にいれてました。
そのLES DEMOISELLES ONT EU 25 ANSはテレビ用に編集されたもので
まだ若かりし頃のかわいいアニエス・ヴァルダが
ドゥミィへの優しいまなざしのようにフイルムをまわしていました。

本編は1996年にリマスターが施されたヴァージョンに。
昔劇場で観た当時のフィルムやレーザーディスクの
レコードみたいなスクラッチノイズはありませんでした。

そしてよりいっそう鮮やかな色になった衣装とインテリア。
ドゥミィが頭の中で思い描いていた映像はきっとこちらのほうだった気がします。
北欧のヒトの目の組織は薄いため他国のヒトに比べて発色を
鮮やかにしないと物足りないそうです。
そんなことを思い出したドゥミィのドリーミィな画面に
引きずりこまれてしまう眩しすぎる映像。

おとぎばなしはハッピーエンドな世界のはずなのにいつまでも続くすれ違い。
そんなせつなさをいっそう高めるように。
鮮やかな映像は
はかなく時をすすめます。

ずっとひとり夢の中にいたけれど
やっと現実にもどってこれそうなそんな週末。
すれ違ってる感覚よみがえってきました。
それはきっと春の錯覚。
[PR]
# by helenanoguerra | 2008-04-08 22:52 | PARIS