<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

FBM

e0032988_016176.jpg車山高原で毎年開催されている
日本で一番大きなフランス車のイヴェント
今年で22回目のフレンチ・ブルー・ミーティング。

peugeot205を手に入れた頃
雑誌NAVIの小さな告知で知ったもののタイミングを失い。
ついに今回、諏訪へ向かう
citroenに乗って初めて訪れることができました。

目的地へ近づくほどフランス車濃度は高くなっていき。
到着したら視界に入る車はすべてフランスのメーカーのモノに。
曇り空の高原を歩いていると
フランスのクルマのエンジン音ばかりで
パリにでもいるような高揚感に包まれていました。

フリーマーケットでは思わぬものが手に入り。
いつも楽しみに読んでいる自動車評論家の森口将之さんと
renaultアヴァン・タイムのお話ができたり。
予想以上に充実したあっという間の二日間。

真夜中の打ち上げで、主催者の方とした話の中で
このフレンチ・ブルー・ミーティングの会として
珍しく面白いところは、ヒエラルキーがないということ。
古くても新しくても、価格が高くてもそうでなくとも関係なく。
お互いにいい面を持っていることを知っている参加者と
オンリーワンなクルマたち。

帰り道、友人のクルマを運転をさせてもらい、久しぶりに左ハンドルの高速道路。
目的地から離れていくとしだいに少なくなっていくフランス車に
ひとりフランスのクルマのカタチに夢中だった当時の自分を思い出して。

でもいまは寄り道がメイン道路になってしまってるような
愛すべき人たちにたくさん出会えたことを
あらためてフランス車に感謝。
[PR]
by helenanoguerra | 2008-10-30 00:32 | PARIS

la eternite

e0032988_23422271.jpg真夜中のリゾナーレは
秋を通りこしてもう冬のようで
トランクに積んであった防寒具を羽織り
葉っぱの中へ音楽の演奏を聴きに。

日が暮れてから始まる結婚式に出席にするために
続々と集まる参列者を横目に
カフェでブルーノ・ムナーリの本を夜遅くまで読んで。

朝も早くから起きて朝食前の散歩を。
前日の式のお祭り騒ぎがそのまま残っている会場を覗いて。
夢のような結婚式とこれから始まる現実の生活と。

ムナーリが初めて来日したとき
当時の日本の人をみて木と紙の家に住み
贅沢を知らない人々という印象を持ったそうです。

永遠ではないような木と紙の
繊細な構造物に触れるような心使いを持ち合わせ
ミニマムな生活へ憧れている不思議な今という現実の中で。

簡単に変わってしまう価値観ではなくて
変わらない大切な何かを解りあえたそんな二人に
祝福の声はよりいっそう心の中に響くんじゃないかと。

冷たくて透き通った空気と
朝日を浴びながら森の中で輝く式場をみて
ぼんやりそんなこと考えてました。
[PR]
by helenanoguerra | 2008-10-21 23:45 | PARIS

FILM FESTIVAL

e0032988_23393218.jpg世田谷文学館での昼下がり。
俳優の石坂浩二さんと
音楽家の小西康陽さんとのトークショーで
市川崑監督の話をたくさん伺うことが出来ました。
監督について、お二人がしゃべってくれる
そんなたまらないひととき。

声を出して笑ってしまうおかしい話や
すばらしいシーンの撮影中の出来事。
途中から自分も撮影現場にいるような気分で
何故だか目頭が熱くなって聞いていました。

俳優の動作にはすべて指示があってリズムがあり。
スポーツのフォームを眺めるように、
もう一度全てのフィルムを見直してみたくなりました。

展示会場のなかで見つけた当時愛用していた机。
その上に置かれていたエール・フランスのメモ帳。
                    
美しい映像とは対照的に浮かび上がる人間臭さの面白さ。
ずっとそう思っていたけれど
モノを選ぶこだわりが強いということは
同じように人への愛情もホントは強いんじゃないかと気づきました。

そして客席には緒川たまきさんもいらしていて。
きれいな女の人とスマートなお話。
いつものように市川崑監督の映画でも見たような
後味を残してくれるそんな時間でした。
[PR]
by helenanoguerra | 2008-10-15 23:50 | PARIS

week-end a la montagne

e0032988_23244948.jpg山の空気はもうすっかり秋になってました。
韮崎インターを降りてクルマの窓を下げて
そんなことを思いながら。

たくさんの果物がなる農園を抜け
レストランLa Cueilletteへ。

前菜の野菜の美味しさで気持ちだけでなく
からだも高原へついたと実感し。

サラダやメインディッシュ。
食材それぞれが主張して
バランスをとっている料理に満足していました。

眼下に広がるぶどう畑を眺めてると
遠くのほうからやってくる小さな配達のトラック。
どこから来たのか歩いて材料を持ってくる人。
ひっきりなしに届く地元の食材の数々。

高原にくると約束したかのように
地元でとれたフレッシュな野菜を頂いています。
最後の一皿、自家農園の巨峰のジュレを口にいれたとき
そんな決まりごとがもうひとつ増えました。

果物の甘味、酸味の味わい深さを知らなかった気がします。
そして果肉のなんともいえない弾力感、
はじけるような力強いひとつぶ。

美味しいぶどうを育てるように
それぞれの人が大切に作っている食材が集まってくる舞台裏を見て
それも料理の演出のひとつみたいで。

知ってるだけでは解らない理想の物語を味わって
みたされたおなかと気持ちでお店を後にしました。
ぶどう畑に招かれるようにまた訪れたい。
[PR]
by helenanoguerra | 2008-10-05 23:26 | PARIS