<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Fraise Vanille

e0032988_2345208.jpgフランスから送られてきたエレナの新しいアルバム。
DVDがついたデジパック、60年代の香りの余韻を併せ持って。
すらりとした真っ赤なワンピース姿のかっこよさに
届く前から待ちきれずネット上の映像を観ていました。

部屋にはエール・フランスのポスターの変わりに
ずっとエレナのminimumのシングルジャケットを
B0サイズに引き伸ばして張ってました。

5.1チャンネルの部屋の中、
歩きながらヘッドフォンをして、
カーオーディオでヴォリュームを出来る限り大きくして聴いてます。
すると息づかいから録音された部屋の空気の音まで再生されます。

彼女のアルバムには必ず一曲ヴィヴラフォンで包まれる
音響的な処理のされた曲があり。
その曲を聴いているとエレクトロニカのように
宇宙に放たれたような浮遊感を感じます。

そしてこんなフルアルバムをずっと望んでいます。
電子音とヴィヴラートの声とが馴染むようにうまく響くと思うから。

とかなんとか理想の妄想を繰り広げているけれど
好きな女のヒトのことはついつい支持してしまうから
たぶんきっとボクの感想はあてになりそうもありません。

しばらくはエルメのマカロンと一緒に
このヴァニラのような甘いささやき声を繰り返し聴くことになりそうです。
本当にごちそうさま。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-11-27 23:49 | PARIS

Tarte Vanille

e0032988_23552069.jpg
エルメのケーキが食べたくなったのは
きっとデザイナーズ・ウィークを横目に
大徳川展へ行ってしまったから。

社会科の教員免許を不純な理由で取ったものの
あまり歴史には興味がありませんでした。
諸説がたくさんあるはずなのに一辺倒な教科書に。

茶道の振る舞いから最近は道具へと興味が移り。
一度はまってしまったら抜けられなくなる気がしていつも遠くで見てました。
自分で手にいれてみなければ解らないと言うけれど
解らないほうが幸せな気がしてました。

だけど唐物へのフランスかぶれのような憧れや。
家康は香りに異常に執着したくさんの香木が残っていたり。
権力を誇るために茶道具を収集していたのではなく
純粋にその形にノックアウトされていたということが伝わってくる。
そんなコレクションを美術館で目の当たりにしていると
人間くさい強烈なシンパシーを感じるはず。

ヴェルサイユの欲望そのままな生活のように
デカダンスの香りがしたから
エルメのケーキが食べたくなったのかも。
むせかえるほどのヴァニラの香りに追いうちをかけるように
昨日も友人からエルメのケーク・ヴァニーユが届きました。
本当にごちそうさま。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-11-22 23:59 | PARIS

Infiniment Vanille

e0032988_23221220.jpg美術館ばかりをまわって
真剣なホンモノばかりを見たからか
美味しいケーキが食べたくなって贅沢なお土産。

久しぶりなエルメのケーキ
今回のテーマ、ヴァニラばかりを堪能。

初めてエルメのミルフィーユを食べた時よりも
さらに美味しくなった気がします。

サクサクのキャラメリゼされた生地の焼き色に
象徴されるように絶妙なミルフィーユ・ヴァニーユ。
他にもエモーションとタルトのヴァニーユをセットに。

ソフトクリームでも
小さな頃からヴァニラが好きなのは変わることもなく。
クルマの中のシガーケースにも
ヴァニラ・ビーンズを密かに入れていたこともありました。

単純でそしてシンプルだからよけいに
その瞬間の香りが引き立ちます。

この優しい色のマカロン・ヴァニーユもよかったけれど
ケーキを食べたときそれはまだほんの
序章だったと思うはず。
本当にごちそうさま。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-11-12 00:01 | PARIS

Bon mariage

e0032988_0164348.jpg
幸せな瞬間がずっと続いているそんな錯覚。
週末になるたび、結婚式に参列しているから。

いつからか結婚式にしか
持ち歩かなくなったこのO-prodcutというカメラ。
いつも一緒に出席しています。

オリンパスが1988年に発売し
MOMAの永久保存となり
WATER STUDIOを代表する作品だそうです。

昔の新聞記者みたいに思いっきりフラッシュをたいて。
フィルムに記録を残すというより
祝福のクラッカーを鳴らすように光を浴びせます。

いい式に出席するたび。
一緒に山を登ったり谷を越えることがきっとできる
相手に出会えた二人をうらやましく思います。

結婚式という非日常な不思議な時間と
ハッピー・エンディングな帰り道の余韻の中にいると
それは錯覚ではなかったと気づきます。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-11-08 00:26 | PARIS