<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

bleu comme toi

e0032988_0321627.jpgテニスなんて興味のなかった学生時代。
友人のガールフレンドに薦められて読んだ
宮本輝さんの青が散る。

青い時代にいたからか
実感もわかずほんの少しの記憶を残して読みおえました。
どうしてこの本を薦めてくれたのか記憶もなく。

偶然テニスの話だと改めて知って
先日もう一度読み返してみました。

話のなかみにすっかり影響を受けて
週末も灼熱の中、連日4時間テニスコートで
ボールを追ってました。

汗をかいて、日焼けして、
終わりにはコートの整備をして
新しく誘われてはいったテニスサークル。

言えないセリフがあったボクらには
わかる気がするストーリーと
そんな甘酸っぱい気持ちが似合う8月の終わり。

何度も洗濯をして
褪せてきた青いDURALEXのシャツを着て。
そんな青さを忘れないように。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-08-28 00:35 | PARIS

frais

e0032988_2316565.jpgリゾナーレのコンテンポラリーは一回休み。
清里を抜けてクラッシクなスタイルを今なお引き継ぐ
八ヶ岳高原ロッジに併設されたレストランへ。

サラダバイキングはボクにとって永遠のスダンダード。
小さな頃からずっと野菜が苦手だと
思っていたのは勘違いだって
初めて口にした時に気づきました。

ドレッシングもかけずに
とうもろこしの甘みトマトのみずみずしさレタスの香りを
いつのまにか味わっている自分がいます。
そしてフランスで食べた野菜にもこれに似た
土の香りがする強烈な力強さを感じます。

ただねあまり新鮮ではないサラダの時でも
女のコとふたりで食べていると
おいしく感じているときがあったりして
ボクの味覚なんてこんなものなんて思ったりしてました。

八ヶ岳高原ロッジの少し古いスタイルに惹かれるのは
昔のゆったりとした時間が今でも流れているから。
そして隣のテーブルでは年配の素敵なカップルが
お手本のようにノーヴルなスタイルを続けているから。

新鮮なせろりをかじったときに発見。
君に胸キュンのバロメーターとして
サラダを食べれば君への情熱の深さがわかります?
高原にいる間は針が振りきれてるけれど。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-08-23 23:11 | PARIS

en boca

e0032988_23305097.jpg軽井沢も暑かった夏休み。
前日にテラスでもよろしければと予約が取れてen boca訪問。

水上勉氏の別荘だった
エルミタージュ・ドゥ・タムラを目印に
奥の細道へ進んでいきました。

クルマから降りても日差しが強かったのに
スタッフの方に席を案内されて木洩れ日の中
曲げ木の椅子に座ってメニューを見ていたら
風を感じるオープンエアーにしてよかったと。

ナポリピッツァ、新しいお店を見つけては
未だに食べ続けていますが、ここのマルゲリータは
初めて食べた時の感激を思い出しました。

ピッツァは焼き上げてから5分以内で
食べなければならないという暗黙の了解を信じているから。
残念ながらまともな写真がありません。

まだ落ち着いていた時の生ハムの写真をひとつ。
生ハム作りにはまってお店を始めたオーナーの愛情を感じ。
好きなことをやっているという気持ちよさがシンプルに心地よく。
生ハムとピッツァそしてこの場所から伝わりました。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-08-20 23:33 | PARIS

BLANCHE

e0032988_1458611.jpg市川崑監督の犬神家の一族。
暑い毎日が続いても怖い映画は苦手だから。

でも少しは涼しくなるかと思い
DVDプレイヤーにディスクを載せたら。
写真のような映像はひたすら続き
息つくまもなく余韻を残し終わってました。

安曇野のフレンチには時間が早すぎて。
花梨等の蔵久というパンフレットを
偶然訪れた吹きガラスの工房で見つけました。
ここは昔の、犬神家の一族のロケ現場のひとつだそうです。
蔵の真っ白な壁の前で夜中に撮影があったとか。

門をくぐって室内へ入ると
エアコンを設置していない変わりに
うちわが各テーブルに置いてありました。
日本庭園を眺めながら暑さの中に風を感じて。

監督は夏の撮影現場でもいつだって真っ白なシャツを
染みひとつなくパリッと着ていたそうです。
同じシャツを何枚も用意していて
誰にも気づかれずに何度も着替えていた。

この話がボクは昔から大好きで。
花梨等とお抹茶いただきながら
映画の中の回想シーンと同じように
真っ白な頭の中で考えてました。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-08-18 14:59 | PARIS

VERTE

e0032988_23262391.jpg夏休みへのカウントダウン。

あっという間に終わってしまうから
浮気なヴァカンス聴きながら
予定を立てて挑みましょう。

普段の生活からかけ離れるため
香りを変えてゆきましょう。

ひと吹きすると山の中。
湖のコテージで本を読んでた
あの緑のにおいがするのです。

だけどコロンの香りは置き去りに
信州へと向かいます。
何もしない目的を目指して。

もうマニュアルではないので
ダブルアクセルを踏むことはないけれど。
オートマティックに
どんどん景色を変えてゆきましょう。

夏の休みが終われば
またひとつ何か大切なこと
わかったつもりになってることでしょう。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-08-10 23:27 | PARIS