<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

AFFICHES AIR FRANCE

e0032988_23433810.jpg豪華なエアラインの装丁本の数々。
近頃ポツポツと洋書屋さんで見つけ
手にとっては見るものの
浮気心は湧かなくて?

理系の教科書のような細かい説明もほとんどなく。
全面的に協力して作られたような違うような
ひたすら続く広告の数々。
もうそれだけでね。

過去から現代へと羅列したとき
一本筋が通った考え方が伝わってくる
ユニークな世界観。

歴史に残す為に作ってたかのような
時代を超えて耐えられる
普遍的なバランスを感じる。
美術館の絵画みたいに。

SWISS AIRではなくて
Lufthansaでもなく
ずっと待っていたAIR FRANCE
Merci a:takemag
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-27 23:51 | PARIS

MARINA DE BOURBON

e0032988_2384018.jpgマットなブラックの下地に
しっとりとした金色の文字のBookCanに入った
MARINA DE BOURBONの紅茶。

のぼせたような春の洋服を用意し
新しい季節が始まる準備をする計画のお供に。

小説の中では解らない
ぽかぽかとした空気の密度があがってくるその瞬間。

ほんの少しのきっかけに気がつけば
毎日の生活は大きく変わり。

紅茶を丁寧にいれる動作のなかにも
明日の何かが見えるかも。
コーヒーではなく
たまにはゆっくりと紅茶をいれて。

本のカタチの箱を開ければ
たくさんの物語始まるようなそんな予感。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-25 23:10 | PARIS

PARIS JE T'AIME

e0032988_0102234.jpgエッフェル塔のキーチェーンをお土産に。

映画パリ・ジュテームのDVDを観ていて
どうしてこんなにパリが舞台だということを
実感できるのか不思議でした。

でもね鍵を落としたその瞬間
金属音を聴いたとき謎は解けました。
音の響きがどの街とも違うって。

カフェの扉を開ける音
ルノーのクラクション
レストランでの喧騒
コツコツと歩く革靴の足音
食事中の食器の反響音
そして優しく相手に語りかける喋り声。

堅くて柔らかい不思議と記憶に残る
映画のストーリのようにあたたかい音。

クルマの鍵につけた
エヴィアンのキーホルダーと。

パリ・ジュテームなあなたに
エッフェル塔のキーチェーンをお土産に。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-23 00:12 | PARIS

DANTON

e0032988_012657.jpg神戸へ行くといつものぞく
洋服屋さんで見つけた
フランスの作業着メーカーDANTONのバッグ。

この街に来ると
山と海からの風を感じ
肩肘を張らずにリラックスした気持ちになれる。

昔ながらの洋食屋さんや
商店街の中にある懐かしいケーキ屋さんの
スタンダードな美味しさが嬉しくて。
なんだか自然に暮らしている気持ちよさが伝わってくる。

震災があったはずなのに
再び個人のお店がたくさん立ち並び
またこんな風を感じる街で待っていてくれて
ありがとうという気持ちにさせられ。

六甲山から港までクルマでいっきに駆け下りれば
丁度いい大きさの街での生活を教えてもらえます。
コツッとした一つ一つが完成した大人の毎日に憧れます。

フランスの生地のようにリラックスしたスタイルで
汚れたら何度も洗い次第に味が出てきて
そしていつだってスマートに。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-21 00:03 | PARIS

BELLPORT

e0032988_22284547.jpg片道500キロ以上のドライヴへ。
初めて手に入れたクルマ
プジョーでも一番最初に向かった兵庫県。

新幹線であっという間に到着するのとは
また違って意外といいものだなんて再確認。

当時まだ学生だったボクは友人と
宿泊費がなくポートアイランドでクルマの中
夜をあかしました。
一晩中、変わりつづけるイルミネーションの
観覧車を見ながら話をしてました。

西宮のインターチェンジを降りて海岸へと向かいます。
少し窓を開ければ潮の香に誘われ
そんなこと思い出したりして。

土地柄かゆったりとした
周りのクルマの流れに身をまかせれば
イグレックベルポートに到着です。

目の前にヨットハーバー、レストランではブルーの椅子に座り
美味しい食事とこの景色。
曇り空のお疲れモードもあっという間に晴れやかな気持ちになってました。
窓の外、遠くでは結婚式のパーティーが行われてました。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-18 22:31 | PARIS

Rocher Noir

e0032988_23295985.jpg久しぶりにとれた三連休の最後は
カルフールでお買い物。

写真では小さく見えますが
ひとつピンポン玉くらいの大きさで40グラムの重量感。
一つの袋に七個のセット。

ブラックチョコレートで
コーティングしてあり
中にはいっぱいのプラリネ。

デパートの
ヴァレンタインのコーナーを横目に
繊細な気分も置いておいて。

マルシェで比較的簡単に
手に入るこういったショコラも懐かしくて。

今年は日本でもそろそろ
男性から女性へショコラの
プレゼントされている方いるみたい。

そう来年はボクも
カルフールのチョコレートで告白です。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-14 23:33 | PARIS

Les hommes c'est pas des mecs bien

e0032988_071510.jpg
今年は暖冬で雪不足という
メッセージもらったりしてますが。

真白な景色の中
リフトに乗ってぼんやりしながら
ひっそりと建つ丸太のロッジを見つけると
この音楽が頭の中で鳴りだします。

ローラン・フェティスのジャケット
という理由で手に入れた。
グランポポ・フットボール・クラブ
のミュージック・クリップ。

赤い制服を着た二人の男が届けるものは
優しくて甘い生活。
夜になればミラーボールが輝いて。

Men are not nice guys♪
と歌われても
女のヒトに一生懸命な男の人は多いもの。

男は楽しみ方を知っていると思い込んでる♪
と歌われても
ボクは今日も笑顔で思い込んでる。
そんな風に思われてる幸せもいいな。

Men are not nice guys
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-08 00:06 | PARIS

WITTAMER

e0032988_2354332.jpg美味しいエクレールを頂きました。
マイク・ミルズのTHUMBSUCKERを観ながら。

この映画の主人公の年齢ぐらいまで
ずっとオーソドックスな
おやつとしてのエクレアが好きでした。

それは今でも変わらず
高級なメゾンのエクレールでなくても
作りたてのさっくりとした生地がお気に入り。
気軽にできれば歩きながら食べたい。

写真集が動き出したかのような
逆光が眩しいそして喪失感の詰まった映像の連続でした。

近頃は懐かしいエクレアの素朴さとは違って
新しい波がきているけど。

なんだか心配なミライがたくさんあった
エクレアを頬張っていたあの頃を
一緒に思い出す為
エクレアのル・セット集めています。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-02-05 23:55 | PARIS