<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ETIENNE DAHO☆Retour a toi

e0032988_23251691.jpgフランスのことを好きになって初めて
日本の文化が好きになりました。

ステファン・マネルのイラストがH5によって動き出す。
落葉とともに始まるこの映像を観て、また一段と。

鶴が飛んでいるのを眺めているそんな時間。
雪が降り始める清水寺。
障子の影を浴びながら座って。
考えながら見るのは龍安寺の石庭のように。

丸い窓が桃色になりはじめる源光庵。
左の丸い窓は悟りの窓として禅と円通を
右の四角い窓は迷いの窓として
生死病死と四苦八苦を表している。

木の幹を登るように
自分に正直な道をすすんでいけば、
たとえサナギのような時期をがあっても
その後、大きく羽ばたけるでしょう。

桜が舞い落ちるように春吹き荒れて。
全てはハッピー・エンドで終わって欲しいから。
迷っていた沢山の襖を開ければ
気持ちもきっと解き放たれる。

Retour a toi
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-31 23:45 | PARIS

la montre

e0032988_23443620.jpg赤いジェット機が飛びつづけ
一分間で世界一周してくれる腕時計。

エールフランスのロゴと世界地図。
小さな文字盤には残念ながら日本は
はみだしてなくなってしまってます。

つるつるのリューズは
ネジを巻く必要もなく電池で動いてます。
時計は意外と時間に正確です。

時計をしているときに限って
時間とは裏腹に物事は進んで行かないけれど。

トランジットの待ち時間、
空港の売店で見つけたボーイング社の時計にも
秒針が飛行機のモノがありました。

どうして手に入れなかったのか
今となっては不思議な記憶。

初期衝動のみで形になってしまった純粋な気持ちが伝わってくるような
モノに惹かれていくのは、どうしてなんだろう。
頭の中時計回りに考えてる。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-29 23:49 | PARIS

J'ADORE LE CHOCOLAT

e0032988_0475549.jpg一年で最も寒い季節だからこそ
カカオの媚薬で暖めてもらう。

日本のサロン・ド・ショコラでも
よりすぐりの美味しさが堪能できるけれど
今年はショコラ・ショーで満足・・・

だけど偉大なるショコラティエより
あの人から送られた
ショコラ・アソートに魅力を感じるように。

美味しそうなショコラを選ぶ前、
サロン・ド・ショコラのTシャツと同じく
大切なあの人にトロトロに溶ろけて。

冷たい風が吹く季節だからこそ
たまには熱い想いを伝えましょう。

その瞬間
ブレイク・アウトしたこの気持ち
きっと冬の寒さにふわっと浮き上がるから。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-27 00:49 | PARIS

fleur de lis

e0032988_23593052.jpg
クロワッサンを大きな口でほおばっていたら
アンヴァリッド廃兵院で
手にいれたユリの紋章のコト思い出し。

映画マリー・アントワネットの中で観た
所々に現れる
ユリのマークに感化されたのか。

リカールの灰皿に適当に入れてある
ユリのピンバッチを探して。

祝福されながら降りてくる階段のクロス。
深いブルーのベースに金色に光る
たくさんのゆりの紋に印象を重ね。

ロワイヤル気分にはほど遠い
小さなピンズだけど。

ゴールドにキラリと輝く
フランス王室の紋章
襟元につけて
再び美味しいクロワッサン探しが始まります。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-25 00:12 | PARIS

Croissant

e0032988_1413556.jpg
約束どおりマカロンを用意して
映画館へ行きました。

だけど持っていたことはすっかり忘れ
あっという間に、さよならヴェルサイユ。

映画ではなく
はかない写真集を観せてもらったような気持ちになって
エンド・タイトル聴いてました。

観る前から楽しみにしていたシーンがありました。
ゴージャスな全編とは対照的な
キルスティンのナチュラルなメイクと
背景の緑のぼけ具合が美しいこのカット。

朝のすがすがしい純粋な感じだけではなく
初恋の相手を見る時の幸福感溢れる
真っ直ぐなまなざしでした。
このシーンを観られただけでもう十分でした。

マカロンのせつなさは又にして
カイザーのクロワッサンをお土産に。
フランスに伝えられたのは、
マリー・アントワネットがオーストリアから
嫁いだ時であるという言い伝え思い出したから。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-21 01:49 | PARIS

chocolat chaud

e0032988_003375.jpgLADUREEで飲んだ
chocolat chaudの絶妙なバランスが忘れられず。

美味しいル・セットを手に入れ
カカオマスとビターチョコを丁寧に削り
挑戦してみました。

あたためられた牛乳に溶けていく
カカオの香りで部屋中を満たし。

苦味と甘みとのバランスも
パリで飲んだときの雰囲気そのままに
フラッシュバックしたような美味しさ。

材料を用意して少しの手間をかければ
想像以上の満足が待っている。

火から下ろせばあっという間に
濃厚なとろみが出てきてもうメロメロです。

いまのボクはキミにノック・アウト
というわけです。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-17 00:05 | PARIS

SEYNTEX

e0032988_010844.jpg今年の冬はあまり寒くもないけれど
防寒具の暖かさに包まれて
出かけたい。

タイトなシルエットが綺麗な
ベルギーのメーカー
センテックス社によって
フランス陸軍に支給されている
フーデッドパーカー。

素材はエアコートフレックスで
防水性にすぐれEUの雨具としての
標記を許される素材だそうです。

ワークウェアー・マニアの皆さんにはお馴染みの
40年以上変わらぬデザインの
有名なジャケット。
今年の冬はこのウェアーで十分です。

ダウン・ジャケットやダッフルコートの出番が来たときに
暖かさを教えてくる寒い冬
ボクはいつでも待ってます。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-14 00:11 | PARIS

MOLESKINE

e0032988_2349432.jpg
初めて手に入れたMOLESKINE。
LADUREEのGalette des Roisと一緒に
パリのお土産にもらいました。

ミシュランのパリの地図を
クルマのバックシートに置いていた頃。

初めてパリに行った時、
すべてにしびれてしまったボクは
駐車違反のステッカー
クルマに張ろうともらってきてました。

この手帳ミシン目によって切り離せる
紙片には小さくPARISの文字。
断片的なパリの地図や
メトロの路線図のページもあったりして。

ペラペラめくっていたら
実用的とは言い難いけれど
なんだかそんな甘酸っぱい頃のこと
思い出させてくれました。

日本でも、もうすぐ手に入れること
できるそうです。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-10 23:50 | PARIS

AGENDA2007

e0032988_042236.jpgエールフランスの今年の手帳を用意して。
気持ちのいいエンボス加工がしてある
合成皮革の茶色いカバーが付いてます。

この手帳にはスケジュールを
書き込むことになりそう。

今までの日記帳
あっという間に書くことがなくなって
どれもメモ帳へと用途が変わりました。

だけど
ここに少しづつ書いている文章は尽きることもなく。
自分で読み返してみると
もうすっかり忘れてしまっていることも多くて。

その瞬間に思ったことが残ってて
ほんの少しの心変わりを
伝えてくれたりして大切に思います。
ボクにもやっと日記帳ができました。

エールフランスの手帳はテーブルの上に置いて。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-07 00:43 | PARIS

le soleil 

e0032988_23424830.jpg新年
あけましておめでとうございます。

このレンズを見ていると
太陽がぽっかりと浮かび上がってくる瞬間に
立ち会っている気がする。

エルハルト・グラッツェルによって発明された
瞳のような超広角レンズ、
ホロゴン。

どこまでも続くような透明感と
深い輝きにとりつかれて。

宝石の魅惑に女のヒトが引き込まれる理由が
少し解った気になりました。

この広角レンズを通して映し出される
ドラマティックを
日常にも変換して。

2007年、そして陽は昇る。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-01-03 23:50 | PARIS