<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

way of happy life

e0032988_2157460.jpg今日はお墓参りに行きました。

一度会って話がしてみたいと
近ごろ特に思うのがボクが生まれる
少し前に亡くなったおじいさん。

彼の本棚には
モノゴトを興味の赴くままに調べていると
いつの間にか辿りつく
愛憎版のような初刊の装丁の美しい本があって。

全文集が復刻されたと知って
気になってとりあえずと探しにいくと
何度もこの本棚で
オリジナルのモノ見つけたりしてました。

寺田寅彦さんやその門下生だった
中谷宇吉郎さんの本も実はここで見つけて読みました。

人生を豊かにするちょっとしたコツみたいな
そんな本がたくさんで。
ボク好みのバランス感覚に溢れていたおじいさんのこと
この冬休みの課題として少し調べてみることにします。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-29 22:04 | PARIS

JOYEUX NOEL

e0032988_2381039.jpg2000年の年末。
好きなシーンはここでした。
ロマンティックな
微妙な関係と
相思相愛の安定した恋愛。

今年もこうして
クリスマスが迎えられることに感謝します。
シェルブールみたいな
掛け違えたボタンみたいな運命にも
何か意味があると今なら解る気がします。

恋人の素敵な笑顔が変わらないように
映画のような美しい瞬間の連続が
これからもつづきますように。

2006年の年末。
あれからかなり時間は過ぎたけど
相変わらずこんな二人の時間が一番重要なのかもなんて
久しぶりに見直しながら
昔の自分に教えてもらいました。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-24 00:07 | PARIS

ZE XMAS RECORD

e0032988_23373270.jpgハートウォームなハーモニーが続く
80年代に録音された
クリスマスアルバム。

HELENAとLIOのSLEIG RIDEが目的だったけど。
他のトラックにもあの頃の
ギター・ポップのキラメキが詰まってます。

イノセントなハーモニー
バック・コーラスのたどたどしさ
意味なんて解らなくても確実に届く
昔からの決まりごとみたいに。

レコード店にディスプレイされている
たくさんの豪華な音のクリスマスアルバム。
今のボクには贅沢すぎるのか手にとってみるものの。

小さな頃からクリスマス・ソングではなくても
バックコーラスの綺麗な曲が好きで
メインのメロディーよりも覚えていることが多く。

人の声で作られる和音を聴いていると暖かくなって。
その気持ちはクリスマスのアルバムを聴いた時の
根拠なき幸福感に満ち溢れている。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-19 23:39 | PARIS

la cinemascope

e0032988_0491723.jpgマッシュアップではないけれど
映画の好きなカットばかりを集めていくと
セレクトした人それぞれの
気持ちのいいテンポが生まれてくる。

VHSのヴィデオテープを
ガチャガチャと入れ替えて
目的のシーンを探して。

今ではコンピューターに動画を取り込んで
DTVの機能を使えば
素敵なシーンの連続があっという間に
できてしまう。

字幕と字幕の間を擦り抜けて。
セリフがない静寂と
美しい動作で想いを伝えて。

映画の好きなカットばかりを集めていくと
炸裂するアムールの少し前
そんな映像ばかりがブラウン管に現れました。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-17 00:52 | PARIS

PHOENIX

e0032988_092861.jpg自分からはたぶん行かなかったコンサート。
チケットを取ってもらい
久しぶりにライヴ観客の一員になってきます。

好きな音楽の演奏を見る機会も少なくなって。
少し前からこの前に行ったコンサートのコト
思い出そうとしていても記憶がまるでありません。

ロックコンサートでの狂信的な物販を期待して
PHOENIXのTシャツを楽しみに。

ボクには彼らの音楽スタイルはかっこよすぎて
CD全部聴いているけど
フェニックス見に行くとは思いつきませんでした。

たぶんきっと会場を出た後の帰り道、勘違いして
彼らのような洋服が欲しくなっているそんな気がします。

チケットを買って見に行ったコンサート
もう何年も前に観た
AIRのクールジャズのような演奏だったと
いま思い出しました。

consolation prizes
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-13 00:13 | PARIS

IMPei

e0032988_2352269.jpg
設計者I.M.ペイ氏の
ルーブル美術館のピラミッド
一度しか仰いだことはないけれど。

同じ設計者によって造られたMIHO MUSEUMには
やっぱり同様の空気が流れているかもと思いつつ
「青山二郎の眼」という特別展を目的に訪れ。

この未来的なトンネル
カーブによって
先にある美術館が見えなくなっています。
そんなドキドキが楽しめるようなこれからを想って。

陶器、工芸、骨董、装丁とたくさんのセレクト
そして作品を見ることができました。

目録に書いてあった
人が何かと向き合うときに大切なことは何かを
彼と彼の刻印した美しいモノたちは教えてくれる。

こんなこと
少し解った気になって帰ってきました。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-10 23:55 | PARIS

la rayon

e0032988_23455034.jpgずっと待っていたのかも知れない
そんな時間が長すぎて自分でもおかしくて。

大事なモノを気づいたときには手遅れなんて
ノスタルジックな歌詞聴きながら。

トンネルの中並行して走っている気がしていた列車の線路
やっと出口が見えて切り替えを変えてもらえました。

ブルーのライトのスイッチが入ったような気分。
現実を忘れる為にパリに行っていた気持ちが少ししたから
今年の年末のパリは一回休み。

なんだかとってもすがすがしい
0に戻れたようなフラットな
何かが始まるそんな気分
とっても久しぶりで。

束の間の晴れ間だとは思いたくないけれど
屈折光線でもいいから
まだまだ蒼い光線
放ちます。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-08 23:54 | PARIS

le mouchoir

e0032988_2237543.jpg恋人にあげるハンカチーフ。
ハンカチを振ってお別れを
洟をかむときはハンカチで。

ハンカチに纏わる文章は
書いていて寂しくなるような話ばかりですが
そんなことはなく
無印商品で見つけた綿のハンカチ。

外国から見た日本のミニマムな部分が
垣間見れるような商品
たくさん見つけることが出来ます。

パリのメトロの駅名や
通りの名前のプリントを見ていると
まだまだ知らない場所はたくさんあって。

冬休みパリに訪れるのかとか
もっといい季節にゆっくりできたらいいのにとか
贅沢なコト考えながらも。

こんな簡単に手に入るパリもたまには嬉しい。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-12-05 22:41 | PARIS