<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

RAYMOND SAVIGNAC

e0032988_23264538.jpgSAVIGNACがまだ生きていた頃にあった
パリの広告美術館での大回顧展。
その時にまとめられたブルーの分厚い彼だけの広告年鑑。
一緒にポストカードをまとめて買ったら
この展示会の為に作ったBICのポールペン入れておきますねって
にっこりとそしてとっても自慢気に袋に入れてくれました。

晩年暮らしたトゥルーヴィルへ
彼の広告を見にその数年後の夏休み楽しみに行きました。
パリから二時間のその土地はリゾート地でもありました。
街はボーダーシャツを着た
おばあさんやおじいさんばかりでした。

プロムナード・サヴィニャックと命名された
砂浜に着くとたくさんの種類の彼の大きなポスターが
ポールの上にディスプレイされてました。
はるか彼方まで続くその景色は圧巻でした。
SAVIGNACはその年の2002年の秋に亡くなってしまいました。

トゥルーヴィルの遅くまで明るい海岸沿い。
白をベースに青と赤が混ざっったような白夜のような景色。
彼が生前に見ていた美しい景色を見ることができたのかもと
勝手に自分に言い聞かせて。
そんなこと夏が来ると思い出いだします。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-29 23:29 | PARIS

SX-70

e0032988_22331552.jpg
コンスタントに風景の写真を撮っていた
マニアックな父親の一眼レフカメラとは対照的に
とっても簡単にそしてあっとう間に写真が出来がり。

カメラにあまり興味のなさそうな従兄弟のおじさんに
初めて撮ってもらったポラロイド・カメラ。

アメリカのオークションで手に入れた
折りタタミのギミックが面白いSX-70。
本体がホワイトの平価版のモデル2です。

革の部分がボロボロになっているコトを知らずに購入。
何とか自分で張り替えました。

革のサイズの型紙作って裁断して
コバには革がほつれない様に専用の塗料を塗装して接着。
少し革の型のサイズが違っていて隙間がみえます。

でも革の質感が気持ちよくて。
張り替えたばかりの頃は持ち歩いていました。

年月がたつと味が出てきて
靴や手帳カバーの革のように手触りが自分仕様に仕上がって
コンスタントに風景の写真
撮りたくなりました。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-27 22:44 | PARIS

BIC

e0032988_1354368.jpgペン立てや引き出しに転がっているオレンジ色のボールペン。
サヴィニャックがデザインしたキャラクターBICのロゴマーク。

このbic man石膏で出来た当時のノベルティー
探してた頃もありました。
少し前に発砲ウレタンのような柔らかい素材で復活したり
2002年には再び石膏で登場したり。

蚤の市で手に入れた
背中にマップポケットが付いたサイクルジャージ。

オレンジの発色が素晴らしくて。
タイトなシルエットが着る人をひきたてます。
今年の夏は何処へでもコレ着て出かけてしまうような予感。

シャツなのにとっても微妙な裁断や縫製の
こだわりで表情が豊かになって。
単純なシャツだからこそ一生懸命なところが嬉しくて。

7月から始まるツール・ド・フランス。
アクリルなのでチクチクするこのシャツ着て見ることに。

デッドストックで少し汚れていても
何かが伝わってくるモノを見ていると加速度的に洋服が欲しくなって
日本のセレクトが素晴らしいお店へのぞきに行ってはみるものの。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-25 12:37 | PARIS

ETIENNE DAHO☆TOMBE POUR LA FRANCE

e0032988_2325814.jpg
衛星放送で毎晩のように放送されている
ハリウッドの50年代のミュージカル映画。
この時代はこんな風に踊りながら
生活していたのかと錯覚するほどたくさんのダンスシーン。

ダンスができたら気持ちが表現できて漠然と楽しそうだと
社交ダンスやサルサ、ベリーダンスにロボット・ダンス。
ど・れ・に・し・よ・う・か・なと迷いながら調べてみたら
ただダンスと名前が付いているだけでまるで違うジャンルでした。

ダオのDVD見て影響受けて
こんな風に踊ってみたいと思い
ロボット・ダンスを習ってみたいのですが。
調べてみるとヒップホップの中に取り組まれているようで
このロボットの部分だけではあまり参考になる教科書がありません。

だけど最近だんだんと解ってきたのは
どうもダンスがしたかったのではなくて
ロボットになりたかっただけでした。
ダンスというよりパントマイム。

切れのあるそしてシビれるようなロボットな動きを覚えて
後は揺れるように踊って
ダオみたいな髪型にしてなりきることにします。

ETIENNE DAHO☆TOMBE POUR LA FRANCE
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-23 00:23 | PARIS

charmeurse

e0032988_0255253.jpg好きな女のコのタイプ会話の中で自然に出てきたりしますけど。
こんな感じとか色々話すと
「そうなんだっ」て一言で片付けられてしまうから。

いつも心をこめて適当に答えてしまいます。
説明しだしたら止まらなくなるとずっと思っていたけど。
最近はそんなこともないような気もしてきました。

学生の頃、夏休みの暑い日の夜
教会に上がる階段の途中に座ってどうでもいいこと一晩中話してました。
神様にお願いしていたのか、自分のコト棚にあげて。

池波正太郎さんの「よい匂いのする一夜」
にも出てくる飛騨古川の料理旅館蕪水亭。
その蕪水亭のおかみさん。
連れて行ってくれた友人の噂どうりの方で。

いるだけで周りの空気がパッと明るくなるオーラがあって。
程よい緊張感と共に接してくれて。
時間の流れ方がひとり違っているような美しい方でした。
そうボクはあれからファンです。

好きな女のコのタイプなんて当てにならない。
熱い毎日、頭の中ショートしているようなコト改めて考えてみると
タイプとかやっぱり後からの適当な理由付けなのかも。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-21 00:30 | PARIS

THE DIVINE COMEDY

e0032988_0184981.jpgValerie Lemercierとのデュエットで知った
女たらしのカサノヴァ。

「BECOMING MORE LIKE ALFIE」という曲は
マイケル・ケイン主演の
「アルフィー」という映画そのままのヴィデオクリップ。

ゴージャスなアレンジと大袈裟な甘い声
女のコが大好きでロマンティック。
タイトなスーツを着て気取り屋なのに憎めなくて。

髪質もあるのでしょうけど
この髪の毛のべたっとした感じ。
たまらく好きで
どうしたらこんな感じにできるのでしょうか。

Coupe de monde!で思い出した映像
「COME HOME BILLY BIRD」
ピクトグラムとエアラインのイージーな感じと
美しいキャビンアテンダントの動作。

サッカーボールを追いかけすぎて
寝不足な毎日、飛行機の中の薄い
ブラックコーヒー飲みたくなりつつ遅くまで起きています。
この象徴的なル・コックに託してフランス今日こそ。

THE DIVINE COMEDY/BECOMING MORE LIKE ALFIE
THE DIVINE COMEDY/COME HOME BILLY BIRD
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-19 00:24 | PARIS

jean nouvel

e0032988_23572930.jpg2001年にパリのポンピドゥセンターで
偶然観ることが出来たジャン・ヌーヴェル展。

真暗な展示会場に浮かび上がる
インクジェットプリンターを使ってわざと荒くした膨大な写真。
60年代の雑誌の印刷のドットのようでした。

巨大な廊下にプロジェクターから映し出されるひとつ200インチぐらいの静止画。
それが横に4つ並んで巨大な作品の写真を次々にランダムに流してました。
テーマが変わるたびにその場所で録音したと思われる音が再生されて。
グレーのカーペットの上、暗闇の中
寝転がって閉館のアナウンスが流れるまで見てました。

建築に興味の無い人たちにでも楽しめるような
柔らかいインターフェイス。
建物のガラスの映りこみの素晴らしさ
そしてこういった見せ方のスマートさを
再認識させられた展示会。

光の魔術師と言われる彼がつくりあげる建物。
アーキテクトのDVDで観たフランスの集合住宅では
普段の生活がドラマティックになるようなアイデアが詰まっていて素敵です。

少しづつ移り変わる太陽からの日差しの角度にように
ガラスの反射の仕方が変わっていく表情の豊かさを聴きに。
今月末の日本での彼のセミナー行ってきます。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-17 00:17 | PARIS

F.F.F.

e0032988_0142975.jpgCoupe de monde!
フランスXスイスの試合テレビで観てました。
フランスチームに惜しい展開があると
カメラに映し出されて悔しがる選手はいつだってトレゼゲ。

8年前優勝した時
選手全員が嬉しそうな笑顔の中
ひとり泣いているような顔して
シャツ脱ぎ捨てて走ってました。

ユベントスでの重要な試合の時、
明日はボクが要になってがんばると発言していたのに
レッドカードであっさり退場してました。

昨日の試合残念ながら出場しませんでしたが
キャラクターをつけたオレンジのベストみたいなの着て
ひとり感情あらわにカメラ独占してました。

フランスのチームは
とっても穏やかな印象があるのに
彼だけ少し違う気がします。

頬に手をあてて残念がったり
泣いちゃったりする一生懸命な熱いトレゼゲを見てると
うまくいってもいかなくても
全てはそういうものかもなんて思っちゃいます。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-15 00:06 | PARIS

panier a provisions

e0032988_2358055.jpgリゾート地でのスーツ姿に憧れて。
海水浴には砂浜にバスタオルをひいて。
マルシェへの買い物はかごを手にさげて。

もう何年も前、急に思い立ち
カゴが欲しくなって探してみたものの
ボクが知っている所では全く見つからず。
かわいい女性用のお店に置いてありました。

肩から掛けられるショルダーのタイプ
かっこいい人はこちらを使っているのパリで見かけて
今となってはそちらの方が
何にでもあわせやすかったと思いつつ。

このカゴは叔父さんがゆっくり歩きながら
お店の人と話しをしながら買ったモノどんどん中に入れて
カゴ一杯にして家へ帰っていく感じ。

どんな情報でも手に入るようになっても
こういった名残みたいなものはまだまだあって。
そんな生活を垣間見る為にヨーロッパへ行きたい。

エコロジーという言葉の前に
単純にピクニックにでも行くような
楽しい気分が嬉しくて。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-13 00:57 | PARIS

Poivrinette et salinette

e0032988_2139476.jpg森井ユカさんのスーパーマーケットマニアという本にも載っていた
塩と胡椒のセットです。
置いてあるだけで隙間から胡椒の香りがしてきます。

パッケージには塩と胡椒が結婚した
と書いてありました。

テレビのフランス語会話の出演者
大幅に変わって気分を変えて
もう一度がんばってみようと拝聴。
ラジオの時から気になっていた先生の
特徴のある少しビブラートがかかった声。

人格が違うのはもちろんだけど
骨格が似ていると声の響きが近くなるようで。
ドラマでの女優さんの笑い方を見ると
同じような笑顔で笑っていたヒトのコト思い出したり。

声の響き、
倍音を含んだナレーションが好きで
そんな風に喋れるように
結婚した塩と胡椒を見ては。
気の利いたセリフ発声練習中?
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-11 22:02 | PARIS