<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

KASI21

e0032988_22522172.jpg21世紀美術館。
隣にあるお婦久軒の「KASI21」という生菓子手に入れて
食べるのも忘れて夢中で鑑賞してました。
中でも気に入ったのが
ヤン・ファーブルの「雲を測る男」。
背景のブルーの空が好きだったのかもしれないけれど。

武家屋敷でいただいたお抹茶についていた
干菓子はポケットにしまって、
白い建物をモチーフにした生菓子出して一枚パチリ。
断面がとっても綺麗で練りきりが重ねてありました。
この生菓子の金箔は「雲を測る男」の位置にそえてあります。
庭を見ながらもう一度美術館のこと思い出し。

このお茶を頂いたのを引きがねに色々な
美術館とお茶屋さんの移動を交互に数回繰り返す贅沢な一日でした。

前回、偶然中村美術館であったお茶会に参加したときに
受付のおじさん「お若いのにいいことです」と
今からお寿司を食べに行きましょうと誘われたこと思い出しました。
そんな街全体がサロンのような
気軽にお抹茶が頂ける環境が整っているのも羨ましくて。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-05-10 00:51 | PARIS

13 jours en france

e0032988_0454636.jpgクロード・ルルーシュ監督の「白い恋人たち」の後に見た
「東京オリンピック」で知った市川崑監督。
グラフィカルな画面は、誰もがスタイリッシュと思うはず。
それとは対照的にそこにシーケンスされる人々の
あたたかなさりげない日常が後から後から思い出されて
そんな鮮やかな印象は変わることも無く。

昨日テレビで再放送された「娘の結婚」。
小津安二郎監督『晩春』のリメイク。
セリフ回しは小津監督のように絶妙な間でたんたんと。

映像は市川監督ならではのモダンとユニークがありました。
なかでもお琴や茶道のアングルは忘れられません。
昔の日本の美しい綺麗な上澄みをすくって見せてもらった気がして。

そんな世界にいられる時間も幸せで。
あっというまに映画の中の登場人物に影響を受け。
明日からは抑揚を少し押させてはっきりと
小津な美しい日本語使って喋ります。

この映画を見てしまったら
しようがないね。
うん。
こういった豊かさを味わいに少し金沢へ行ってきます。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-05-04 01:07 | PARIS

Notre-dame de Pairs

e0032988_2051833.jpgペーパークラフトはじめました。
休みの前になると急に
普段の生活とは全く違ったことがしたくなって
できれば非日常な空間へと。
考えがまとまる頃にいつも休みは終わってしまいます。

キャノンのサイトで各地の世界遺産が作成可能。
テレビ番組の世界遺産スペシャルも
全編に渡って空撮のみの映像、浮遊感を味わいつつ。
24時間ずっとフランス上空を飛び続ける
番組があればいいのにと見てました。

小さな頃、外国のお土産にもらった
ヨーロッパの街並みのペーパークラフト。
大人が作る精密なもので
こんなに甘い時間がすごせる国があるんだと
作りながら思ってました。

少し無理すれば今頃フランスに行くこともできたのに。
そんな気持ちに後押しされてプリントアウト。

ヨーロッパのゆとりの象徴のような趣味の奥深さ。
毎日の楽しみにと少しづつ作っていく帆船模型のように
鉄道模型のジオラマの街のストーリを考えるように。
じっくりノートルダム作っていきたいと思います。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-05-02 20:25 | PARIS