<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

PEUGEOT 205

e0032988_0275659.jpgスタイリッシュ・キッズという小説。
恋人たちが乗っていたのがこのねずみ色のクルマでした。
大学生の頃から乗ってる為
未だに学生気分が抜けないのもそのためでした。

同じカタチのクルマがすれ違えばホーン鳴らしあったり。
クーラーが壊れた夏の暑い夜
額にうっすら汗かきながらも大丈夫って乗ってくれたガールフレンド。
バッテリーがあがって困っていたら
暇だからと助けてくれたサーブの伯父さん。

オンナのコ乗せてるときやボクの調子が悪いときは壊れないのに
恋愛モードに入っていくと
途端にラジエーターから水が漏れ出したり。
さっきから整備記録、ずっと見てるけど壊れすぎじゃない?
中身ほとんど最初の部品付いてないでしょう。

でもたとえどこかが壊れても必ず家まで自走してくれて、
君といるといいことばかり起こるような気がしてました。
そして、13年間ここでたくさんの人と色々な話ができました。
だけど今日でさよなら今までたくさの物語をありがとう。

いつだってかっこよかった君がいなくなってしまうと
思い出して寂しくなって泣いちゃうけど。
これからもずっとボクの中で
君は一番自慢の宝物。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-03-11 00:11 | PARIS

carte

e0032988_23414568.jpg高速道路で受け取るチケットは
いつも全長3センチのエッフェル塔にさして
どこへでも行きました。
ボクのクルマについていたETC。
そのポストカード立て
エアコンの噴出し口の上に固定してありました。

ポラロイドカメラで撮った写真を
差し込むと静止画のカーナビのようでした。

長い間乗っていたクルマの中から出てきた
現像に出してない撮り終えたコダックのフィルム。
いつ頃のモノなのかも記憶がなくて。

リアシートに置きっぱなしの
KLMオランダ航空のブルーのブランケット。
お土産にもらった時の鮮やかなブルーはそのままです。

今年のGWは意外と長くてどこへ行こうかと
そればっかり考えてる今日この頃。
フランス人のように荷物満載でクルマでの旅。

この少し黒ずんだエッフェル塔みながら
なんだかうわの空な毎日。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-03-09 00:09 | PARIS

Alain Chamfort

e0032988_23221860.jpgリュクサンブール公園での2005年5月7日のライブ映像。
HELENAが出演しているとのクレジットを見つけて
パリのヴァージンで購入しました。

ゲストはHelena,Dani,Vincent Delerm,Bertrand Burgalat,Skye
歌うシーンのみではなく
ステージに登場する一つ前の曲で
リュクサンブール公園を歩いてたり
折りたたみの椅子に座って前の出演者の曲でリズムを取ったりと
みんな軽い気持ちで公園にふらりと来て歌っていきます。
全ては繋がっていてゆったりとした雰囲気が全編通して流れます。

alain chamfortの真っ黒な細いネクタイも
他のゲストのラフな服装もいい雰囲気。
気のせいかエレナの時だけ急にカメラワークが
なめらかになってる気がします。
彼女に近づいたり木漏れ日から
音の空気が震えている感じが伝わって。
ピンストライプのスーツにスカーフ巻いて。
風で乱れた髪の毛を直しながら歌うナチュラルな映像。

夏が来る前の空気の密度が少し上がってきた
リュクサンブール公園のキラキラしている緑の葉を見てると
何かが始まりそうな、そんな気持ちにさせられます。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-03-07 00:07 | PARIS

Vitra Design Museum☆AIRWORLD

e0032988_10593562.jpg椅子のミニチュアそして復刻でおなじみの
ドイツのヴィトラで行われた展示会の図録。
どうにかして行こうと検討したものの
休みの予定があわず。

せめて本だけでもと購入。
バキューム成型された真白なプラスチックの表紙。
ホンモノの機体と同じ
バキュームの制作方法を使用している所がニクイ。

展示の内容はなんとなくしか伝わってきません。
だけど大好きなポールアンドリューのシャルルドゴール空港
見たことの無い写真がたくさん載っていました。

各エアラインにまつわるものがまんべんなく載ってます。
これだけの航空会社があると一つ一つのこだわり
独自性がそれぞれ出ていて微笑ましいと眺めてました。

意図的にやっているのか
実は精一杯やっていてもうまくいってないのか
よくわかりませんが
その中でもやっぱりエールフランスの
落ち着いた少し控え目なところにどうしても
惹かれていきます。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-03-05 11:00 | PARIS

evian

e0032988_22262465.jpg1.5リットルのペットボトルを毎日飲んでます。
いつの間にか始めたり、いつの間にかやめたり

これからの季節暖かくなってきて
そろそろ始めようかと思う今日この頃。

フランスで売ってる薄いビニールでピチピチに覆われた
パックのもの日本にはやって来ないのでしょうか。
スーパーであれを見ると羨ましくて。

空気が乾燥しているとき
のどの渇きを潤す為に
ミネラルウェーター飲んでると
何故かいつもevianで。

レストランへ行くと出てくる
薄いピンク色のラベルが付いた厚いガラス瓶。
瓶越しに向こう側のゆがんだ景色をみながら
現実感の無い食事中の会話は楽しいし。

フランス製の水毎日飲んでれば
少しでも綺麗なフランス語が喋れるとずっと信じて
もう何年も飲んでるのにね。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-03-03 22:19 | PARIS

air☆casanova70

e0032988_23581818.jpg96年の夏レコード屋で偶然見つけた
airのセカンドシングルcasanova70。

ジャケットの雰囲気そのままに深い眠りにはいれます。
初期の彼らのサウンドは
宇宙空間で鳴ってる音だと思ってました。

気に入った曲が入った音楽を購入するというより
プレイヤーにかければ何度となく
スペイシーな状況を再現してくれる
雰囲気を封じ込めたレコード。

当時、部屋やクルマの中などずっと流していました。
部屋の壁紙や額に入れて掛けてある映画のポスター
それと並列に存在してました。

インテリアのカタログで一度見かけたこのチェア
自宅でもcasanova70を味わえると迷いました。
かなり大きなサイズで置くところがどこにも無いということで
いつの間にか忘れてました。

日中に会ったとき、ぼんやりとした
こんな音楽のような印象を持ってくれたら嬉しい。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-03-01 00:01 | PARIS