<   2005年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

NAVA

e0032988_025243.jpgイタリア、ミラノを拠点とするデザイン会社NAVAの
"Card Dispenser"青い名刺入れ。

名刺交換時、皮製のモノが多い中ヘナチョコちっくに
プラスチックで参加してます。
コレ操作性の良さで必ず一番早く名刺出てきます。
形だけじゃないんだね。

ダネーゼやアレッシーなどでも活躍中の
Kuno Preyのデザイン。
グレーのレバーをスライドさせると
名刺が一枚ずつ出てくるギミック内臓。

NAVAが気になる存在になったのは
以前マンダリナダックの店長さんだったフレンチ侍?
の友人にダブルネームの黄色のメモ帳頂いて
とっても気に入っていたので念願です。
ただ未だに使っているのは
赤いケースに入れたRHODIAのメモ帳。

その隣に置いてあったNAVAの携帯用ボールペン。
ENZO MARIデザインのモノを発見
相変わらずミニマムで素っ気無い形、今狙ってます。

こういったささやかだけど欲しいものがある時の気持ち単純に嬉しい。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-11-09 00:22 | PARIS

Eternal Sunshine of the spotless mind

e0032988_031515.jpg"永遠に12歳のまま"のミッシェル・ゴンドリー。
数々のプロモーションヴィデオ、
様々なビジュアル・コンセプトが最高。
その中でもエール・フランスの1999年に開始され
ケミカル・ブラザーズのアスリープ・フロム・デイを使用した
広告キャンペーンお気に入りでした。

ゴンドリー監督、脚本のエターナルサンシャイン。
もしも、失恋の記憶を消せるとしたら、どうしますか?
胸の痛みが消えるかわりに、楽しかった記憶も消えてしまう。
それでも、あなたは消しますか?”という物語のテーマ。

人の記憶は関連付けが多くて連鎖的に思い出すコトも
多いので人生に影響を与えてしまう。

別れても記憶を消しても惹かれあう人は
偶然を装って必ず引き寄せられてしまう大好きなモチーフ。
そんな出演者、皆この映画の中では切なくって輝いています。

これからの季節、霜で外が見えない雪の日に
何かを思い出す為、繰り返し見たくなる暖かい映画でした。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-11-07 00:08 | PARIS

armee de l'air

e0032988_2315148.jpgフランス空軍のトレーニング用Tシャツ。
白いクールネックがレトロそしてブルーが絶妙。

働くおじさんシリーズもそろそろおしまい。
ミリタリー、ワーク系が好きで
こんなものばかり探していますが
デザインの綺麗なモノが多くて
生地もくたくたになると更に味が出てきそうで
そういった楽しみもあって探さずにはいられません。

戦争はもちろん反対ですが
ただ一点に向かって機能と形を突き詰めていく考え方は
イン・アウトを考えてしまう今の世の中には少ないのかも。

先日の祝日もコレ着てテニスを4時間してきました。
少し肌寒いけど何も考えずにボールを追ってる
瞬間があって気持ちのいいものでした。

それにしてもこのシャツ生地がペラペラで
あちらの人はカラダのラインが綺麗に出て
服が体に張り付いてる布きれ程度なスタイルが
とってもかっこいいのでしょうけど・・・
今日から腕立て伏せと腹筋開始することを御報告。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-11-05 00:46 | PARIS

HELENA NOGUERRA☆minimum

e0032988_0283086.jpgこのジャケット見てついていこうと決めました。
コンテンポラリーな衣装と椅子の組み合わせにノックアウト。
バックの椅子はキューブリックの
"2001年宇宙の旅"でも使われたジン・チェアです。
この椅子はフランスのフューチャーデザイナーの
オリヴィエ・ムルグ氏のモノ。

airの12インチが出始めた頃、平行して聞いていたollano。
このCDは旧ollano、現nouvelle vagueのマークコランがプロデュースしている
アルバム”BIKINI”からのシングルカットの"minimum"。
当時、友人宅で何度となくリピートして見せてもらった"minimum"のヴィデオクリップ。
フランスの人はみんなエレナみたいと頭にインプット
あの日から歪んだフランスのオンナのコ像が出来あがり長い旅がはじまりました。

そんな錯覚が長く続いて今年やっと彼女のライブに行くことが出来ました。
当日急遽のどの調子が悪く中止になりましたが
かわりに一緒に写真を撮って握手してもらいました。
立ち振る舞いもエレガントな思った通りの方でした。
その写真ミニマムのクリップ見せてくれた友人に見せてやっと何かが終わったような気分に。
近頃パリに行って思うのは、
フランスのオンナのコはキュートな人が多くて錯覚ではなかったのかもということ。

だけどやっぱりそんなこんなでmixiにコミュニティ作りました。
続きはこちらで、軽い気持ちでどうぞ。
PROJET:HELENA NOGUERRA
[PR]
by helenanoguerra | 2005-11-03 00:33 | PARIS

SAPEURS-POMPIERS

e0032988_0212684.jpgシャルロットも御用達とフィガロに書いてあって喜んで行った
パリのアーミーショップ。
自衛隊の服まで取り扱っていて意外とワールドワイドな品揃えでした。

その中でで見つけた
消防士のTシャツ何故普通にお店で売ってるのかとっても不思議。

前から気になっていたのがフランスのニュースでそして
日本のセレクトショップでも一度見かけた
フランスの消防士のメタリックの銀色のヘルメット。
形も日本の兜みたいに特徴的、メタリックでピカピカ光ってます。
コレ被って消火活動しているのニュースで見て
格好から消防士になりたいフランスのオトコのコの気持ち解らないでもありません。

シャツ、もったいぶったつくりで
横の赤いラインわざわざ布が接いであって凝ってます。

これ着て消防署の近くでウロウロしていたら
消防車で火災現場に連れていかれてしまうと心配でした。
買った帰り道、本当に着てるの?と消防署覗いてみたら全員これ着てせわしなく、
ではなくみんなでぼんやりテレビ見てました。
あの消防署なら何とかやっていけそうです。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-11-01 00:22 | PARIS