<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

PIERRE HERME

e0032988_094836.jpg最初から甘党です。
御饅頭からケーキまで頭が痛くなるようなトリップ感、クセになります。
和菓子の強烈な甘さとフランスのお菓子の甘みの到達点
似ている気がしてなりません。

茶道のお稽古では季節感に合った生菓子が出てきます。
パティスリーの世界でも季節感と共に移ろう道、
誰か作って頂けませんかフランスの利休みたいな人お願いします。
そのお稽古へ行けば季節の旬のモノが頂ける。
おなか一杯だけど今日はお稽古だから仕方ないねなんて
いつでもコンスタントに季節を感じる為に。

ピエールエルメのお店、今まで縁がなくパリでは一度も行った事がありません。
その反動で日本のお店はニューオータニ、イクスピアリそしてラポルト青山行きました。

青山のお店はスーツの男性がひざまずいてオーダーとりにきてくれます。
内装も片山正道氏が手がけていて天井に向けて写真を一枚。
白髪の男性がピンストライブの細めのスーツにルコックのスニーカー履いて
一人でショコラショーをカウンターに座りながら飲んでたりして。
サント・ノーレ食べながら、あんな風に歳をとりたいと眺めつつ。
オープンした時に売っていた金太郎飴。
ふにゃっとゆがんだ顔がかわいいエルメです。
最後の一つになったので記念に写真を一枚パチリッ。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-30 00:05 | PARIS

fleur

e0032988_78614.jpg花束を抱えて待ち合わせに急ぐときが好きかも。

友人のお花屋さんで見せてもらった花占いの本。
ボクの誕生日は柿の花?見たことないし
なんだかな~と思って読んでみたら・・・

花ことば:自然美

花うらない:
あなたの発想は、
すべて大自然の壮大なるめぐりあわせから生まれています。
会話上手で実行力抜群。
有言実行のお手本のような人。
愛する人との生活も、
大いに語り合うことによって、
楽しい生活をつくりあげていくことでしょう。

当たっているのか当たっていないのか
そんなことどうでもよくって
うっかりいい気分にさせられて
花束を抱えてもいないのに
気付いたらウキウキしながら歩いていました。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-28 01:10 | PARIS

LA POSTE

e0032988_03528.jpg郵政法案も可決して〒の総裁が
赤いイメージカラーやマークは変えなくても
いいですかと質問されてました。
イメージチェンジしたくても黄色にはしないでね。

SNCFのシャツと違って
こちらはLA POSTEのロゴが胸にあるので
フランス好きを自己アピール?
なのにフランスの郵便局のモノだと
解ってくれた方はまだ誰もいません・・・
フランスの郵便配達員に支給された模様。

パリのバスの運転手さん
制服のRATPのロゴと女性の横顔の薄い緑のマークが
入っているセーター着ていてかっこよかったそうで、
”これ欲しいのですが”と運転中聞いてみたら
こんなもの売ってないよ~と困惑して即答された
今フランスで勉強中の友人にもらった
ルノーカングーのミニカー。

日本にもカングーの黄色、
正規ディーラーで輸入されているからコレ乗って
このシャツ着れば郵便配達員。

郵政民営化によって競争も厳しくなりそうです。
ジャック・タチの”郵便配達の学校”見て
スピード郵便配達を実行する為がんばって欲しいものです。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-26 23:59 | PARIS

ESSO

e0032988_6343883.jpgガソリンスタンド好きで、見とれている事がよくあります。
計算された夜の照明、光に照らされて真っ白な空間がとっても綺麗。
このコマーシャルみてから
勝手なイメージでお昼はSHELLへそして夜ならESSOで給油しています。

近頃は通勤の為にしか車に乗る事がなく
ガソリンスタンド、夜にしか行かないのでエッソばかり。
シェルブールの雨傘の最後みたいに
昔の恋人に会いたいからではありません。
灯りにあつまる虫みたいに
赤白青トリコロールだっていう単純な理由で吸い込まれてます。

シェルのTV CM”シェルピューラ”篇
このコマーシャル加賀美聖良さんのフランスっぽい雰囲気?
とこのかわいい曲が今のベストミュージック。
エッソな寂しい気持ちになった時に唄いましょう。

見た目はキレイなあなたのクルマ
エンジンの中はすすだらけ(わ、真っ黒)
ボディは洗えば済むけれど
エンジンの中はどーするの?
シェルのハイオクピューラなら
汚れを落としてエンジンキレイ
だからあなたにシェルピューラー
シェルピューラー
シェルピューラー♪
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-24 00:10 | PARIS

SNCF

e0032988_2312196.jpgSociete Nationale des Chemins de fer Francais
相変わらず、古着屋さんで見つけた
半袖のバレンシアガのSNCFのシャツ。
タグにBALENCIAGA POUR SNCF。
フランス国有鉄道で支給された模様。

このラテンな色の組み合わせ
こんがり焼いた肌に似合いそう、制服とは思えない色の使い方
日本で着るとリゾート地にでも行くみたい。

着てしまうとどこにもSNCFのマークがないので自己満足な世界。
男の粋、感じて頂ければそれはそれで構いません。
ユーロな古着屋さんでfabrique en france
男性用なら競争率低いからこういった大物?POUR MOI
まだまだたくさん残ってると思います。

少し前にシテ科学産業博物館で展示会のあったSNCF展。
ファスナーが線路になってます。
お客さんのほとんどが子どもなのに
このポスターとの組み合わせ気に入ってしまいました。

こういったポスター若い頃から見て育てば
艶っぽい大人が多くなる理由少しわかった気がします。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-22 00:18 | PARIS

ROGER TALLON

e0032988_081275.jpgTGVの車両デザインや
lip社の「マッハ2000」でおなじみのロジェ・タロン。
今年とうとう冷蔵庫がモチーフだった「fridge」モデルなども
復刻されてますねこちらもかわいいです。

今、パリのジュース・アントプリーズで小さな展示会開かれています。
黒い発泡ポリエステルを背から座面へと使用した椅子「モジュール400」がメイン。

そろそろ本国フランスでも本格的に再評価がはじまりそうです。
彼にまつわる本、ビジュアルブック少ないので期待せずにはいられません。
TGVはSNCF全面協力でヨロシク。

ポータブルテレビ「P111」、
セラミックでできたお弁当箱みたいな食器「picnici」シリーズなど
今回の展示会ここまで細かいものまでは?だけど。

螺旋階段「Escalier」は色々なバリエーション見れるみたい。
もう何年も前ブルータスのイームズ特集を読んでインテリアに興味を持ち出した頃、
家具よりも最初にこの階段が欲しくなってしまって
なんとなく欲しかった椅子も、この階段が買えないのなら・・・
と何も買わずに終わってしまいました。

そう、いつかこの階段「Escalier」を中心に小さくても自分の家を作りたいと思った一品。
ボクにもこんなに大きな夢がありました。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-20 00:37 | PARIS

CLARA et moi

e0032988_0163858.jpgメトロで恋して「原題:CLARA et moi」夜のセーヌで踊ってしまいます。

見ていて思い出した事がありました。
学生時代バックも持たずに、教科書、ノート、辞書
たくさんの本をバラバラなまま抱えるように持って
いつものように次の授業へ急いでいました。

両手が塞がっているのに
その時はさらに紙コップのコーヒーも持って階段降りていたら、
ヒアリング用のフランス語のカセットテープがコトンコトンと
階段の踊り場まで下に転がり落ちていきました。
何故かカセットテープがスローモーションで見えると思ったら。

たくさんいる生徒の中で
導かれるように一人のオンナのコの手元に滑り込んでいきました。
Ma recontreそんな風に知り合ったり。

人との出会いがテーマのショートフィルム
オムニバス映画で見てみたいです。
年齢、性別関係なく色々な関係のめぐりあい。

全編に渡ってバンジャマン・ビオレーが携わった音楽が流れてます。
そして何よりベルトラン・ブルガラの曲のカバーでデュエット。
Ma recontreのシーンDVDでもう何度となく繰り返し見ています。
指鳴らすとこの曲が流れ出すプレーヤーが欲しいなぁ。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-18 00:10 | PARIS

L'OCCITANE

e0032988_0123084.jpg今まで使ったこともないのにプレゼントしていたロクシタン。
野球の優勝セールの詰め合わせセットをデパートで手に入れてきました。
お店の方にもイモーテルボディセラムが入ってるから絶対オススメですって、
誰もいないお店で丁寧な説明受けて・・・調べてみたらありました。

トロイの戦争勇士オデュッセウスは、
ポセイドンの息子である一つ目の巨人ポリュペ-モスを盲目にした罪で、
10年間さまよい歩くことを強いられました。
トロイへ帰還する長い旅の途中、疲れ果て、
弱り年老いたオデュッセウスはフェシア島(コルキュラ)にたどり着き、
そこで王の娘である美しいナウシカに出会います。

その美しさを保つため、ナウシカは貴重な芳香油を全身につけていました。
それがイモーテルのオイルでした。
ナウシカはオデュッセウスの回復を手助けすることを申し出、
彼に秘薬の金のオイルを与えます。オデュッセウスがこの魔法の薬を塗ると、
体力と若さを取り戻し、家路への旅を続けることができたのです。

イモーテルの類稀なる効果はその構成物質によるもので、
主用成分のひとつ「酢酸ネリル」【ネリルアセテート】が驚くほど高いレベルで存在することです。
ロクシタンは、その神秘的な力に着目。
コルシカ島産のオーガニックなイモーテルのみを原料とし、
スキンケアとして開発することに成功しました。

そんな話すっかり信じて家路につきました。
コロンやトワレも優しい香りで部屋の中
太陽が微笑むプロヴァンスっぽくなってきました。
プロヴァンス行ったこともないのに。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-16 00:14 | PARIS

ETIENNE DAHO☆IDEAL

e0032988_010859.jpg エチエンヌ・ダオの曲は
全曲好きなのですがその中でもこのシングルIDEALが一番好き。
F COMMUNICATIONSのREADY MADEプロデュース
少し前にディオールオムの音楽も担当していましたね。
マスタリングにALEX GOPHERの名前もクレジットされてます。

他の曲でもプロデュース、リミックス、PVの監督、イラスト、デザイン
錚錚たるメンバー。最新の人たちが集まっていて。
彼の人柄か、一息ついた最先端な所が丁度いい感じ。
バックメンバーが色々変わってもいつだって甘い声で歌ってます。

何よりシャルル・ド・ゴール空港の開港前ターミナル2のホールFを使った
プロモーションヴィデオに驚かされました。
CDGへ行った時この撮影場所の数々を探してスーツケース引きずりながら
空港くまなく歩き回りました、ダオがどこかにいるかのような勢いで。

動く歩道は今でも乗れますが現在モノレールの小型版は
下の線路もろとも撤去されてしまってます。
いつか乗れれば窓ガラスに手を付けてIDEALです。

機体がフランス上空からCDGへ
着陸態勢に入って振動と共にジェット音が大きくなるといつもこの曲が頭の中で流れ始めます。
http://www.etiennedaho.com/
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-14 00:19 | PARIS

LACOSTE

e0032988_22441698.jpgラコステマークと☆のモノグラム柄のブルーのハンカチ買った時にもらったカタログ。
少し前のエールフランスの広告っぽくスカイブルーの背景に人物という綺麗なモノ。
ハンカチよりカタログの代金払ってきたみたい。
表紙のこの緑の帽子とってもよかったのに参考商品でした。

少し前にトリカテルとラコステがコラボレーションしたCDもよかったので
いつかルメールのDJ聞きに行きたいです。
HPの中でかかってる音楽解りますか。
ルメールの選曲だと思うのですが・・・聞いたことあるし
CDもしくわレコード持ってるはずだけど思い出せません。
昔のフレンチラコのポロシャツをピチピチに着るのも、もちろんステキですが
ルメールのラインもいいモノたくさんあるのに参考商品は残念です。

それにしても女の人の方が少し捻りの効いたアイテム多くて羨ましい限り。
お店で女性用のモノグラム柄のポロシャツ男性用はありませんという話の流れで
どうみても小さかったのに何となく試着する展開に。
ピチピチ通り越してムチムチでセクシーボーイ。
恥ずかしいからお店の女の子にも見せず、ご辞退させて頂きました。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-12 22:22 | PARIS