le mouvement

e0032988_22484525.jpg週末になるたびに山へ向かい
紅葉のなかドリップ・コーヒーを飲んでいる。
そんなドライヴをお休みしてお茶会の手伝いをして
ほんの少しの非日常。

主菓子はとらやではないけれど
数百という御饅頭をひたすら菓子器に並べ
手首のスナップをきかせてたくさんの御抹茶を点てる。

ほとんどの方が和服で参加され
着物のこと、よくわからないボクでもしだいに解ってくるのは
立ちふるまいの眩しいヒトたち。

茶道の所作でなくても少しの手の動きで
キラキラと細かい粒子がこぼれ落ちているのが見える、
綺麗な光の軌跡が残るようなそんな瞬間。

男性用の懐紙もはいるからと手に入れたとらやの懐紙入れ。
店頭の黒い暖簾と同じ生地で作られていて
表面にはおなじみの虎の刺繍。
そして内側に虎のロゴマークが付けられています。

この黒い麻の袋をあけて真っ白な懐紙を取り出す時だけでも
心地いい緊張感と立ち居ふるまい、自然で最も美しい形という
無意識の動作を目指して。

所作の美しいヒトを見たとき
綺麗な形のモノを見たときと同じように見とれてしまうから。
ほんの一瞬のはかないできごとだからよけいに。
[PR]
by helenanoguerra | 2008-11-09 23:03 | PARIS
<< framboise FBM >>