FBM

e0032988_016176.jpg車山高原で毎年開催されている
日本で一番大きなフランス車のイヴェント
今年で22回目のフレンチ・ブルー・ミーティング。

peugeot205を手に入れた頃
雑誌NAVIの小さな告知で知ったもののタイミングを失い。
ついに今回、諏訪へ向かう
citroenに乗って初めて訪れることができました。

目的地へ近づくほどフランス車濃度は高くなっていき。
到着したら視界に入る車はすべてフランスのメーカーのモノに。
曇り空の高原を歩いていると
フランスのクルマのエンジン音ばかりで
パリにでもいるような高揚感に包まれていました。

フリーマーケットでは思わぬものが手に入り。
いつも楽しみに読んでいる自動車評論家の森口将之さんと
renaultアヴァン・タイムのお話ができたり。
予想以上に充実したあっという間の二日間。

真夜中の打ち上げで、主催者の方とした話の中で
このフレンチ・ブルー・ミーティングの会として
珍しく面白いところは、ヒエラルキーがないということ。
古くても新しくても、価格が高くてもそうでなくとも関係なく。
お互いにいい面を持っていることを知っている参加者と
オンリーワンなクルマたち。

帰り道、友人のクルマを運転をさせてもらい、久しぶりに左ハンドルの高速道路。
目的地から離れていくとしだいに少なくなっていくフランス車に
ひとりフランスのクルマのカタチに夢中だった当時の自分を思い出して。

でもいまは寄り道がメイン道路になってしまってるような
愛すべき人たちにたくさん出会えたことを
あらためてフランス車に感謝。
[PR]
by helenanoguerra | 2008-10-30 00:32 | PARIS
<< le mouvement la eternite >>