FILM FESTIVAL

e0032988_23393218.jpg世田谷文学館での昼下がり。
俳優の石坂浩二さんと
音楽家の小西康陽さんとのトークショーで
市川崑監督の話をたくさん伺うことが出来ました。
監督について、お二人がしゃべってくれる
そんなたまらないひととき。

声を出して笑ってしまうおかしい話や
すばらしいシーンの撮影中の出来事。
途中から自分も撮影現場にいるような気分で
何故だか目頭が熱くなって聞いていました。

俳優の動作にはすべて指示があってリズムがあり。
スポーツのフォームを眺めるように、
もう一度全てのフィルムを見直してみたくなりました。

展示会場のなかで見つけた当時愛用していた机。
その上に置かれていたエール・フランスのメモ帳。
                    
美しい映像とは対照的に浮かび上がる人間臭さの面白さ。
ずっとそう思っていたけれど
モノを選ぶこだわりが強いということは
同じように人への愛情もホントは強いんじゃないかと気づきました。

そして客席には緒川たまきさんもいらしていて。
きれいな女の人とスマートなお話。
いつものように市川崑監督の映画でも見たような
後味を残してくれるそんな時間でした。
[PR]
by helenanoguerra | 2008-10-15 23:50 | PARIS
<< la eternite week-end a la m... >>