GEORGES

e0032988_23123252.jpg真夜中の眠気覚ましにつけている香り。

ロウソクの火をともすために
ジョルジュのマッチ箱を手にとると思い出す。
フランス料理を堪能しにレストランへ行きたい。
というよりむしろあの空間ですごしたい。

アッパーなお店はご無沙汰で
カフェ、ビストロ、パティスリー、ブラッスリーで散財の日々。
ついつい食べすぎて実はアラカルトから選んで
自分でコースを決めるのが苦手なんだとわかったり。
カジュアルなお店のテリーヌやレンズ豆が
ホントは好きだと内緒で思ったり。

パリのポンピドゥー・センターの最上階。
モジュールを用いた建築システムに全面ガラス張りの空間。
オープンからもう8年近く経ちますが
現代アートのような普遍的な新しさを感じます。
パリの景色を壁紙がわりにして。

カードにはAIR ABSTRACTION SURFACEの文字があり。
この言葉が象徴するような場所。
階下にはたくさんの現代アートを従えて食事をする贅沢。

血液の中の糖度が高くなりすぎるとめまいがするように
あたまの中のフランス濃度が高くなると
マッチ箱を手にしているのかもしれません。

Centre Pompidou
[PR]
by helenanoguerra | 2008-03-04 23:28 | PARIS
<< Full Circle Radio #1 >>