LA CHINOISE

e0032988_1629272.jpg漢字のフォントが綺麗な高層ビルと
エキゾチックな香がするホテルばかりが
濫立する道路を歩いていたら。

中国の国旗がはためく広場にでました。
正面には共産党の大きな建物がありました。
緑色の軍服を着た兵士が二人
身動きしないで立ってました。

中国の赤地に黄色い星の国旗は
ゴダールの中国女の連想でポップアートな作品のよう。
いつか中国に行ったら人民服はいらないけれど
赤の革が綺麗な毛沢東語録を手に入れようと思ってました。

建物の前では毛沢東の腕を前にあげるポーズをして
中国人のオンナのコに笑われながらも一枚写真をパチリ。

当時中国で出版された語録は、
ポケットに入れて持ち歩くことを想定し、
汗で濡れることもあるので表紙はビニール製だったと
後から知りました。

帰りの空港の売店で見つけたビニールの表紙のモノは
現代用に変えてしまったものだと思って手に入れませんでした。

映画は語録からの引用がたくさんあったけど
思い違いで持ち帰ってこなかったのは
カバーの赤色がもう褪せてしまっていたから。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-12-08 16:32 | PARIS
<< comme chinois L'avenir >>