Tarte Vanille

e0032988_23552069.jpg
エルメのケーキが食べたくなったのは
きっとデザイナーズ・ウィークを横目に
大徳川展へ行ってしまったから。

社会科の教員免許を不純な理由で取ったものの
あまり歴史には興味がありませんでした。
諸説がたくさんあるはずなのに一辺倒な教科書に。

茶道の振る舞いから最近は道具へと興味が移り。
一度はまってしまったら抜けられなくなる気がしていつも遠くで見てました。
自分で手にいれてみなければ解らないと言うけれど
解らないほうが幸せな気がしてました。

だけど唐物へのフランスかぶれのような憧れや。
家康は香りに異常に執着したくさんの香木が残っていたり。
権力を誇るために茶道具を収集していたのではなく
純粋にその形にノックアウトされていたということが伝わってくる。
そんなコレクションを美術館で目の当たりにしていると
人間くさい強烈なシンパシーを感じるはず。

ヴェルサイユの欲望そのままな生活のように
デカダンスの香りがしたから
エルメのケーキが食べたくなったのかも。
むせかえるほどのヴァニラの香りに追いうちをかけるように
昨日も友人からエルメのケーク・ヴァニーユが届きました。
本当にごちそうさま。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-11-22 23:59 | PARIS
<< Fraise Vanille Infiniment Vanille >>