Barbouille

e0032988_2354293.jpgすっきりまろやかほっとするおいしさ
日本でボルヴィックのおまけに
ついていたバーバ・モジャ。

普段、軟水は飲んでる気がしなくて
炭酸水持ち歩いてるのに。

バーバ・パパのピンク色が
綿菓子の色だと教えてもらって再び気になる存在。

自由自在にその対象や事柄に適応していく
彼らのスタイルにあこがれて。
子どもみたいにそのことばかり考えて。

ピーター・マックスみたいな70年代のフラワーな感覚
そして楽天的ですべてはうまくいくハッピー・エンディング。
そんな物語の展開が好きでした。

コンビニエンス・ストアのガラス越し
バーバ・モジャと目があって。
いま机の上にいます。

Barbatruc!
Merci a:kiki
[PR]
by helenanoguerra | 2007-06-13 23:24 | PARIS
<< chausseur GARY MACFARLAND >>