GARY MACFARLAND

e0032988_20415537.jpg音楽を聴きながら
椅子にすわってぼんやりしていると
いつの間にか意識はうすれ夢の中へ。

ゲイリー・マクファーランドのレコードを
聴くのは夏の終わりと決めていたけれど。
コンパクト・ディスクでほとんどのタイトルが
復刻されたとレコード売り場の店先で知って。
何度もプレイヤーにのせてる。

夢の中に積極的にいつまでもいさせてくれる
彼の音楽を聴いて、気づいたら真夜中や明け方だったり。

意識が戻って夢から覚めても
夢か現実かわからないような
世界へいつも優しく導いてくれる。

毎日の生活の中、音楽を聴いていると
映画のサウンドトラックみたいに
そのときの自分の状態と
音楽のテンポがかみ合ってる瞬間が訪れる。

そういつも
彼みたいにこんな風に
優しくなれたらいいのに。
[PR]
by helenanoguerra | 2007-06-10 20:59 | PARIS
<< Barbouille FAUCHON >>