PRENDRE LA MER

e0032988_143773.jpgすこし遅れてやってきた
夏の海への憧れはいつの間にか
船旅の憧れにすりかわり。

翌日は朝から船に乗り出航。
真白なジーンズにボーダーのポロシャツを着て。
楽しみのひとつだったほんのわずかな乗船。

数台のクルマを載せたフェリーは
瀬戸内の沢山の島を通り抜け直島へ向かいます。
太陽とさわやかな潮風に吹かれ。
ゆったりと方向を変える舵取りの船室をみて。

記憶にうっすらと残る昔の船旅の印象とは違い。
あまりの気持ちよさに甲板からはなれられず。
下の客室に降りることはありませんでした。

到着する海の駅からはじまるミニマムなアーキテクト。
SANAAの軽い表情の建物がお出迎え。
その隣には大きな赤いかぼちゃも待ってます。

日焼け止めも塗らず帽子も被っていなかったから
島での日焼けをお土産にできました。
もう南の島は似合わないなんて言わせません。

ベネッセアートサイト直島
[PR]
by helenanoguerra | 2007-05-20 01:06 | PARIS
<< 100 LIVE AND DIE nuit blanche >>