dimanche

e0032988_044893.jpg休日の朝は早起きだった小さい頃
早く起きてホットケーキを作ってました。
休みの時間が長く続くように。

喉越しや食感が気持ちいい白玉だんご。
粉を耳たぶの硬さに練って
沸騰したお湯に落として
プカプカ浮いてきたらできあがり。
黒蜜ときな粉をかけて頂きます。
出来立てが何よりの美味しさ。

昔録画した「文學ト云フ事」
という番組を見ていたら白玉粉こねてました。
文學を読むための壮大な予告編である。
というナレーターではじまって。

日本文学の予告編を叙情的にそして毎回
恋はあまりにも~なんていうお話で放送していました。

過去の御伽噺のように書店で並んでいる日本文学。
この番組を見た時、当時の日本の清さみたいな美しい部分が
バランスよく浮かび上がってきたこと思い出しながら。
いつまでもボーイ・ミーツ・ガールが好きな所は変わらず
遅くまで寝ている休日。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-07-24 00:27 | PARIS
<< Mythologies a bord LOUIS VUITTON >>