Qualia

e0032988_23545990.jpg
脳科学者の茂木健一郎さんの本を読み始めてから
NHKで司会をされている番組がいつの間にか
ハードディスク・レコーダーに溜まっていったものの・・・

だけどピニンファリーナ工房の奥山氏が出演された今回は
いつも思っていることが綺麗に整頓されていくような
お二人のお話たくさん伺えました。

デザインに魂を込める。
必要じゃないものは人生にたくさんあって
無くてもいいものだからこそ真剣に作らないと伝わらない。

そして
人間の脳は
食べ物や水など生きる為に必要なモノと
いいデザインのモノやいい音楽を聞いたりするときに
喜びを感じる脳の部位は全く同じだと。

人間の脳からすると水と同じように
いいデザインというものは必要なモノで
いいデザインというモノは魂の為の食べ物だと。

茂木さんのひらめきや意識によって
得られる考え方も面白いけど
今回のこの核心がうまく引き出されたやりとり
強烈に脳裏に焼きつきました。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-07-09 00:04 | PARIS
<< David Trezeguet Marie Antoinette >>