jean nouvel

e0032988_23572930.jpg2001年にパリのポンピドゥセンターで
偶然観ることが出来たジャン・ヌーヴェル展。

真暗な展示会場に浮かび上がる
インクジェットプリンターを使ってわざと荒くした膨大な写真。
60年代の雑誌の印刷のドットのようでした。

巨大な廊下にプロジェクターから映し出されるひとつ200インチぐらいの静止画。
それが横に4つ並んで巨大な作品の写真を次々にランダムに流してました。
テーマが変わるたびにその場所で録音したと思われる音が再生されて。
グレーのカーペットの上、暗闇の中
寝転がって閉館のアナウンスが流れるまで見てました。

建築に興味の無い人たちにでも楽しめるような
柔らかいインターフェイス。
建物のガラスの映りこみの素晴らしさ
そしてこういった見せ方のスマートさを
再認識させられた展示会。

光の魔術師と言われる彼がつくりあげる建物。
アーキテクトのDVDで観たフランスの集合住宅では
普段の生活がドラマティックになるようなアイデアが詰まっていて素敵です。

少しづつ移り変わる太陽からの日差しの角度にように
ガラスの反射の仕方が変わっていく表情の豊かさを聴きに。
今月末の日本での彼のセミナー行ってきます。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-06-17 00:17 | PARIS
<< THE DIVINE COMEDY F.F.F. >>