GONZALES☆FROM MAJOR TO MINOR

e0032988_17435830.jpgGONZALESのアルバムsolo pianoがきっかけで
ピアノばかり聴いてることに気がついて。
スタイル・カウンシルのミック・タルボットのスタイリッシュなピアノ。
ボサノバのアルバムの間奏曲の甘いピアノ。
トリュフォーのサウンドトラックの切ないストリングスとピアノ。
プレステッジレーベルのジャズの軽やかなピアノ。
適当に思い出しながら様々な音色のピアノを聴いてます。

だけどこのDVDをプレイヤーに入れてからはついつい繰り返し。
彼の独特の鍵盤タッチや豪華なゲスト陣、
あの影絵のジャケットの作り方までわかります。
昔のエレクトロの頃のプロモもたくさん入っていて大満足。

なかでもピアノ講座の中での客席とのやりとり
こんなに怖い顔のジャケット作るぐらいサービス精神旺盛な方でした。

そしてコンサートでは指を鳴らしてプロジェクターのスイッチが入ると
ピアノの鍵盤を真上から写し出し始まります。
ピアノのコンサートでコレだけ楽しめる雰囲気も初めてで。
ピアノをポロロンと弾いてみたくなる衝動に駆られます。
昔弾いていた雨にぬれてもたどたどしく弾いてみることにします。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-05-14 17:46 | PARIS
<< un tasse de the MUSEUM OF SNOW ... >>