MUSEUM OF SNOW AND ICE

e0032988_094316.jpg片山津、泊まったホテルのすぐそばにあった
中谷宇吉郎 雪の科学館
季節外れだけど美術館ではなく科学館という響きに
期待を膨らませて行きました。

世界で初めて人口的に雪の結晶を作り出した科学者として有名です。
そして何より彼の日常の随筆も素晴らしく。

底無しの暗い空の奥から、
数知れぬ白い粉が後から後からと
無限に続いて落ちてくる(中略)
何時までも舞い落ちてくる雪を仰いでいると、
いつの間にか自分の身体が静かに
空へ浮き上がっていくような錯覚が起きて来る。

愛用していた品の中で見つけた
フランスのシャモニーで買った紺色のベレー帽。
モンブランの吹雪の中の写真と展示してありました。
恩人や後輩から送られたモノには
雪の結晶がモチーフとなったものばかりでした。

そして館内でのワークショップ。数人しかいないなか、
キラキラと輝くダイヤモンドダストを作る実験や
雪の結晶を顕微鏡で見せてくれたり
ひととなりが伝わってくる科学館。

数々の詩情溢れる言葉が出てきたから
雪とも分かり合えたのかも
映写室の扉の写真を撮ったときなんとなく思いました。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-05-12 00:30 | PARIS
<< GONZALES☆FROM M... KASI21 >>