marina

e0032988_2142399.jpgブラッスリーaux amisでおやつの時間に
ステーキ・フリットでおなか一杯にして
久しぶりにコンサートへ行ってきました。

「パレ・ロワイヤル!」の舞台挨拶も
行きたかったのですがチケットが取れなくて
マルク・コランとパートナーのマリナのライブへ。

選曲はヌーベル・ヴァーグの
映画音楽がメインでしたが
彼のアレンジが素晴らしく懐古趣味で終わってない
新鮮さがありました。

マルクは肩章の付いた真っ黒なシャツに
オリーブグリーンの帽子を被って
パワーブックで効果音選んでました。
自然音、ムード、場所、風景などを彷彿とさせる
音を次から次へと演奏のバックで流してました。

鍵盤のタッチが間近で見れたし
独特な音選びも相変わらずで
ボッサのバックでのキーボード演奏
練習してみたくなりました。

彼が今までにたくさん立ち上げた音楽プロジェクト。
メインに立つ女のヒトみなさんよく似ていてかわいくって
趣味が一貫しているということなのでしょうか。
そこはそのままでマルクのオリジナルの楽曲と
アブストラクトな音楽的な一面も心待ちにしています。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-03-21 21:42 | PARIS
<< mots d'aimant NOKIA >>