Bonne Maman

e0032988_051973.jpgボンマルグルメで見つけました。
4箱のタルトとセットになって大きな長い箱に入って売っていた
ボンママンの赤いチェックがかわいい陶器。
赤いドットのジャムの瓶と比べてもかなり大きめ。
重かったけど手荷物にして大切に持ってきました。
他にもコストのパッケージに入っている
ソースシリーズもあって栗の実のソースを購入。

以前ピエールエルメのお店においてあるというのを読んで噂は聞いてましたが
パリでは大展開の”コンフィチュールの妖精”として名高い、
クリスティーヌ・フェルベールさんの一品初めて購入。
アラン・デュカスとエリック・カイザーが開いた
be boulangepicierでも彼女のジャムが
pour Ducasseというロゴ入りで売ってました。
ここで飲んだフレッシュで濃厚なジュースとビオな野菜は最高。

帰ってきてからも美味しいパンや甘ーいケーキが食べたい病収まらず。
先週はポールやカイザーなどでランチ、パリ引きずってます。
エヴァンのショコラもなくなって丁度いいタイミングで
日本のサロン・ド・ショコラも始まります。
フェルベールさんも来日してしまうみたいだし。

帰りの荷物パッキン時重量オーバーで
あえなく置いてきぼりになったセットになっていたタルトたち。
早いところ日本のスーパーで買い戻してきます。
これタルトのストックケースにすることにします。
[PR]
by helenanoguerra | 2006-01-22 00:05 | PARIS
<< LAVAZZA MUSEE DE L'... >>