Napoleon Bonaparte

e0032988_1213299.jpg"ナポレオンの記憶でたどるパリ"
雑誌ミセスで特集してました。
1804年のナポレオン皇帝の戴冠から200年を記念して
ナポレオン熱再燃してるそうで便乗してます。

フランスの軍人・政治家で、
フランス第一帝政の皇帝ナポレオン1世(在位1804年-1814年、1815年)
天才的な軍事的・政治的才能を元にフランス革命後のフランスをまとめあげ、
フランスに帝政を敷き、ナポレオン戦争と呼ばれる戦争で全ヨーロッパを席巻する。

メディアコントロールが多かったからホントかウソか解らないけど
それにしてもいい逸話がたくさん残っています。
下級兵士の名前までよく覚えていた為、信頼関係が強く
全体のモチベーションが非常に高かったとか。
名言も今のキャッチコピー顔負けです。
"フランスから遠く離れている日々は、余の幸せが失われた日々である"。
そうだよね~。

ナポレオンは漢字をフランス語に訳した辞書も
作っていたそうで日本に来ようと・・・
もしかしたら今頃、普通にフランス語喋っていたのかも。
と付け焼刃な話は置いておいてそれより何より
ジャック・ルイ・ダヴィッドが描いた
このサン・ベルナール峠を越えるナポレオン。
髪型が気になってしょうがなくって
次のヘアカットの時に写真持っていこうと思ってます。
そんなアタマで近いうちにアンヴァリッド廃兵院へお墓参り行ってきます。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-11-11 01:22 | PARIS
<< mont blnac NAVA >>