Eternal Sunshine of the spotless mind

e0032988_031515.jpg"永遠に12歳のまま"のミッシェル・ゴンドリー。
数々のプロモーションヴィデオ、
様々なビジュアル・コンセプトが最高。
その中でもエール・フランスの1999年に開始され
ケミカル・ブラザーズのアスリープ・フロム・デイを使用した
広告キャンペーンお気に入りでした。

ゴンドリー監督、脚本のエターナルサンシャイン。
もしも、失恋の記憶を消せるとしたら、どうしますか?
胸の痛みが消えるかわりに、楽しかった記憶も消えてしまう。
それでも、あなたは消しますか?”という物語のテーマ。

人の記憶は関連付けが多くて連鎖的に思い出すコトも
多いので人生に影響を与えてしまう。

別れても記憶を消しても惹かれあう人は
偶然を装って必ず引き寄せられてしまう大好きなモチーフ。
そんな出演者、皆この映画の中では切なくって輝いています。

これからの季節、霜で外が見えない雪の日に
何かを思い出す為、繰り返し見たくなる暖かい映画でした。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-11-07 00:08 | PARIS
<< NAVA armee de l'air >>