PIERRE HERME

e0032988_094836.jpg最初から甘党です。
御饅頭からケーキまで頭が痛くなるようなトリップ感、クセになります。
和菓子の強烈な甘さとフランスのお菓子の甘みの到達点
似ている気がしてなりません。

茶道のお稽古では季節感に合った生菓子が出てきます。
パティスリーの世界でも季節感と共に移ろう道、
誰か作って頂けませんかフランスの利休みたいな人お願いします。
そのお稽古へ行けば季節の旬のモノが頂ける。
おなか一杯だけど今日はお稽古だから仕方ないねなんて
いつでもコンスタントに季節を感じる為に。

ピエールエルメのお店、今まで縁がなくパリでは一度も行った事がありません。
その反動で日本のお店はニューオータニ、イクスピアリそしてラポルト青山行きました。

青山のお店はスーツの男性がひざまずいてオーダーとりにきてくれます。
内装も片山正道氏が手がけていて天井に向けて写真を一枚。
白髪の男性がピンストライブの細めのスーツにルコックのスニーカー履いて
一人でショコラショーをカウンターに座りながら飲んでたりして。
サント・ノーレ食べながら、あんな風に歳をとりたいと眺めつつ。
オープンした時に売っていた金太郎飴。
ふにゃっとゆがんだ顔がかわいいエルメです。
最後の一つになったので記念に写真を一枚パチリッ。
[PR]
by helenanoguerra | 2005-10-30 00:05 | PARIS
<< SAPEURS-POMPIERS fleur >>